第百二十一段 養ひ飼ふものには、

養ひ飼ふものには、馬・牛。繋ぎ苦しむるこそいたましけれど、なくてかなはぬものなれば、いかがはせん。犬は、守り防ぐつとめ、人にもまさりたれば、必ずあるべし。されど、家ごとにあるものなれば、殊更に求め飼はずともありなん。

その外の鳥・獣(けだもの)、すべて用なきものなり。走る獣は檻にこめ、鎖をさされ、飛ぶ鳥は翅(つばさ)を切り、籠(こ)に入れなれて雲を恋ひ、野山を思ふ愁、止む時なし。その思ひ、我が身にあたりて忍びがたくは、心あらん人、是を楽しまんや。生(しょう)を苦しめて目を喜ばしむるは、桀(けつ)・紂(ちゅう)が心なり。王子猷(おうしゆう)が鳥を愛せし、林に遊ぶを見て、逍遥の友としき。捕へ苦しめたるにあらず。

凡(およ)そ、「めづらしき禽(とり)、あやしき獣、国に育(やしな)はず」とこそ、文にも侍るなれ。

口語訳

養い飼うものとしては、馬・牛が第一である。繋いで苦しめるのは痛ましいが、無くてはならないものではるので、仕方ない。犬は家を守り防ぐつとめが、人にもまさっているから、必ず飼うべきだ。

しかし、どの家にでも飼っているから、わざわざ飼はなくてもよかろう。

その他の鳥や獣は、すべて無用のものである。走る獣は檻に閉じ込められ、鎖につながれ、飛ぶ鳥は翼を切り、籠に入れられて雲を恋しがり、野山を思う愁い、やむ時が無い。

その思いを、我が身にあてはめて耐えられないなら、心ある人は、これを楽しめるだろうか。楽しめない。

生き物を苦しめて目を喜ばせるのは古代の暴君桀(けつ)や紂(ちゅう)の心である。風流人として知られる王子猷が鳥を愛したのは、林に遊ぶのを見て、そぞろ歩きの友としたのである。捕えて苦しめるためではない。

いったい、「珍しい鳥、見慣れない獣は、国内で養わない」と、書物にもございますとおりです。

語句

■鎖をさす 鎖につなぐ。 ■桀・紂 古代中国の夏と殷の暴君。 ■王子猷 書家王羲之の子で晋代の文人。風流を愛した。竹を愛したが鳥については典拠不明。 ■逍遥 そぞろ歩き。 ■めづらしき禽… 「珍禽奇獣、国に育はず」(書経・旅獒) ■

メモ

■ペットの思い出
■犬のキャンキャンは最大の苦痛
■飼い主は無駄吠えがどれだけ迷惑か想像できない
■夏目漱石「坊ちゃん」の釣り批判
■後白河法皇が宋の珍獣を愛でた件

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク