第百二十三段 無益のことをなして時を移すを、

無益のことをなして時を移すを、愚かなる人とも、僻事(ひがごと)する人とも言ふべし。国のため、君のために、止(や)むことを得ずしてなすべき事多し。その余りの暇(いとま)、幾ばくならず。思ふべし、人の身に、止むことを得ずしていとなむ所、第一に食ふ物、第二に着る物、第三に居(お)る所なり。人間の大事、この三つには過ぎず。饑(う)ゑず、寒からず、風雨にをかされずして、閑に過ぐすを楽(たのしび)とす。ただし、人皆病あり。病にをかされぬれば、その愁忍びがたし。医療を忘るべからず。薬を加へて四つの事、求め得ざるを貧しとす。この四つ欠けざるを富めりとす。この四つの外を求め営むを驕りとす。四つの事倹約ならば、誰か人の足らずとせん。

口語訳

役に立たないことをして時を過ごすのを、愚かな人とも、道理にあわない事をする人とも言うべきだ。国のため、君のために、止むを得ずなすべき事は多い。その余りの時間は、どれほども無い。思うべきだ。人の身に、やむを得ずして営む所は、第一に食う物。第二に着る物、第三に住む所である。

人間にとっての大事は、この三つに過ぎたものはない。飢えず、寒く無く、風雨におかさず、静かに過ごすのを楽しみとする。ただし、人は皆病にかかることがある。病に冒されれば、その嘆き・苦しみは耐え難いものである。医療を忘れてはならない。

これら、薬を加えて四つの事を求めても得られないのを貧しいとする。この四つが欠けていないのを富んでいるとする。この四つの外を求め営むのを贅沢とする。四つの事をつつましやかにやっているならば、誰が不足を感じるだろう。

語句

■僻事 道理にあわない事。 ■愁 嘆き・苦しみ。 ■驕り 贅沢。 ■倹約 つつましやかにする。

メモ

■ネット・ゲーム・スマホ
■現代日本は、誰もが王侯貴族以上の暮らしをしている。
■ガン検査・健康診断は受けよう。
■国民健康保険はちゃんと払おう。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク