第百二十九段 顔回は、志、

顔回は、志、人に労を施さじとなり。すべて、人を苦しめ、物を虐ぐる事、賤しき民の志をも奪ふべからず。又、いとけなき子をすかし、おどし、言ひ恥づかしめて興ずる事あり。おとなしき人は、まことならねば、事にもあらずと思へど、幼き心には、身にしみて恐ろしく、恥づかしくあさましき思ひ、誠に切(せつ)なるべし。是を悩まして興ずる事、慈悲の心にあらず。

おとなしき人の、喜び、怒り、悲しび、楽しだも、皆虚妄(こもう)なれども、誰か実有(じつう)の相(そう)に著(ぢゃく)せざる。身をやぶるよりも、心を傷(いた)ましむるは、人を害(そこな)ふ事なほ甚だし。病を受くる事も、多くは心より受く。外より来る病は少なし。薬を飲みて汗を求むるには、しるしなきことあれども、一旦恥ぢ恐るることあれば、必ず汗を流すは、心のしわざなりといふことを知るべし。

遥雲の額を書きて、白頭(はくとう)の人となりしためしなきにあらず。

口語訳

孔子第一の弟子・顔回は、信条として人に苦労をかけまいとしていた。すべて、人を苦しめ、物を傷つける事は、身分の低い民の志であっても奪ってはならない。また、幼い子をだまし、おどし、辱めるようなことを言って、大人が面白がることがある。

大人にとっては、本当のことでないので何でもないと思うが、幼い心には、身に染みて恐ろしく、恥しく、呆れかえる思いは、本当に切実なものだ。幼い子を悩ませて面白がることは、慈悲の心ではない。

大人が、喜び、怒り、悲しみ、楽しむのも、すべて実在しない架空の迷いなのだが、実在していないものを実在していると錯覚する「実有」の姿に、誰もが執着する。

体を損なうよりも、心を傷つけるほうが、人を損なうことはいっそう大きい。病を受ける事も、多くは心から受ける。外から来る病は少ない。薬を飲んで汗を出そうとしても効果が無いこともあるが、ひとたび恥じ恐れることがあれば、必ず汗を流すのは、心のしわざであるということを知るべきだ。

凌雲観の額を書いて、白髪頭になった例も無いわけではない。

語句

■顔回 孔子第一の弟子。字は淵。「顔淵曰く、願はくは善に伐ることなく、労を施すことなけんと」(論語・公冶長第五)による。 
■志 信念。 ■労 苦労。 ■賤しき民の心をも奪ふべからず 「子曰く、三軍も師を奪ふべし。匹夫も志を奪ふべからず」(論語・子罕第九)による。 ■いときなき 幼い。 ■すかし だまし。 ■あさましき思ひ あきれ果てる思い。 ■おとなしき人 大人。 ■虚妄 実在しない架空の迷い。 ■実有 仏語。すべての物は虚像に過ぎないのに実在しているかのように錯覚すること。 ■相 姿。形。 ■著する 執着する。 ■やぶる 損なう。 ■凌雲の額を書きて… 中国魏の能書家韋誕が、凌霄観という高楼の額を書くため、台に乗せられ、25丈(75メートル)の高さまで吊り上げられた。その恐怖で髪の毛が真っ白になった。『世説新語』にある記事だが、『十訓抄』では「凌霄」が「凌雲」に変わっている。

メモ

■凌雲観の故事
■ブラック企業の洗脳は心から
■引っ越しのサカイ
■漫画家のアシスタント
■今は亡き悪徳グッドウィル
■ビンボーの恐怖は不安が掻き立てられること。
■今すぐやめよう。
■「血が出たら死ぬ」といって子供を脅してはいけない。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク