第百三十段 物に争はず、おのれを枉げて人に従がひ、

物に争はず、おのれを枉(ま)げて人に従がひ、我が身を後にして、人を先にするにはしかず。

万(よろづ)の遊びにも、勝負を好む人は、勝ちて興あらんためなり。おのれが芸の勝りたる事をよろこぶ。されば負けて興なく覚ゆべき事、又知られたり。我負けて、人をよろこばしめんと思はば、更に遊びの興なかるべし。人に本意(ほい)なく思はせて、わが心を慰まん事、徳に背けり。陸しき中に戯るるも、人をはかりあざむきて、おのれが智のまさりたる事を興とす。これ又、礼にあらず。されば、始め興宴よりおこりて、長き恨みを結ぶ類多し。これみな、争ひを好む失なり。

人に勝らん事を思はば、ただ学問して、その智を人にまさらんと思ふべし。道を学ぶとならば、善に伐(ほこ)らず、輩(ともがら)に争ふべからずといふ事を知るべき故なり。大きなる職をも辞し、利をも捨つるは、ただ学問の力なり。

口語訳

物事において争わず、自分を曲げて人に従がい、自分の身は後にして、人を先にするに越したことはない。

あらゆる遊びにおいても、勝負を好む人は、勝って喜ぶためである。自分の腕前が勝っていることをよろこぶのだ。であれば負けて面白くなく思う事も、また知られる。自分は負けて、人を喜ばせることを思えば、まるで遊びの楽しさは無いはずである。人に残念に思わせて、自分の心を慰める事は、徳に背いている。

仲の良い関係の中に戯れていても、人をだまし欺いて、自分の知恵が勝っている事を喜ぶのふである。これも又礼儀に反している。

であれば、最初は楽しみが始まったことでも、ついには長い恨みを持つようなことは多い。これらはみな、争いを好む欠点である。

人に勝ろうと思うなら、ただ学問して、その知恵を人にまさろうと思うべきだ。道を学ぶというなら、自分の長所におごり高ぶらず、仲間と争ってはならないという事を知るべきが故である。

立派な地位や名誉も辞退し、大きな利益をも捨てるのは、ただ学問の力である。

語句

■芸 腕前。 ■本意なく 残念に。不本意に。 ■興宴 楽しみ。 ■恨みを結ぶ 恨みを持つ。 ■失 欠点。 ■善に伐らず 自分の長所について尊大にならず。 ■ともがら 仲間・友人。 ■大きなる職 立派な職業・地位。「大きなる」は次の「利」にもかかる。

メモ

■格闘ゲームの衰退
■ゲートボールの衰退
■かるたは怖い
■トランプのルールは100回聞いても覚えられない
■野球はひっそりやってほしい。
■オリンピックは消滅してほしい。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク