第百三十三段 夜の御殿は東御枕なり

夜の御殿(おとど)は東御枕(ひがしみまくら)なり。おほかた、東を枕として陽気を受くべき故に、孔子も東首(とうしゅ)し給へり。寝殿のしつらひ、或は南枕、白河院(しらからのいん)は、北首(ほくしゅ)に御寝(ぎょしん)なりけり。「北を忌む事なり。又、伊勢は南なり。太神宮の御方(おおんかた)を御後(おおんあと)にせさせ給ふ事いかが」と、人申しけり。ただし、太神宮の遥拝(ようはい)は巽(たつみ)に向はせ給ふ。南にはあらず。

口語訳

天皇の御寝所は東の御枕である。おおかた、東を枕として陽気を受けるために、孔子も東枕であられた。貴族の邸宅のしつらいは、東枕あるいは南枕であるのが常の事である。白河院は、北枕 にお休みになられた。「北は忌む事である。また、伊勢は南である。伊勢神宮の御方に御足をお向けになるのは、いかがなものか」と、人が申した。ただし、天皇が清涼殿からはるかに伊勢神宮を拝まれる時は、東南にお向きになった。南ではなかった。

語句

■夜の御殿 清涼殿の御寝所。 ■孔子も東首し給へり 「疾ある時、君之を視れば、東首して、朝服を加へ、紳をひく」(論語・郷党)による。 ■寝殿 貴族の邸宅。 ■しつらひ 設備のありよう。 ■白河院 白河上皇。応徳3年(1086年)より院政。大治4年(1129年)没。77歳。白河院が北枕にしたのは、藤原氏の氏寺・氏社である興福寺・春日社を足蹴にする勢いであったという説があるも不明。 ■御寝 お休みあそばした。寝る、の最高敬語。 ■太神宮 伊勢の皇大神宮(内宮)と豊受神宮(外宮)の総称。明治以降は「大神宮」に統一。 ■御跡 足のあるほう。 ■太神宮の遥拝 「遥拝」は遠くから拝むこと。天皇が毎朝清涼殿で東南の方角の伊勢神宮を拝んだことを言う。

メモ

■なぜ白河院は北枕?
■前段の鳥羽の作道から白河院へ連想

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク