第百三十五段 資季大納言入道とかや聞えける人

資季大納言入道とかや聞えける人、具氏(ともうぢの)宰相(さいしょう)中将(ちゅうじょう)に逢ひて、「わぬしの問はれんほどのこと、何事なりとも答へ申さざらんや」と言はれければ、具氏、「いかが侍らん」と申されけるを、「さらばあらがひ給へ」と言はれて、「はかばかしき事は、片端も学(まね)び知り侍らねば、尋ね申すまでもなし。何となきそぞろごとの中に、おぼつかなき事をこそ問ひ奉らめ」と申されけり。「まして、ここもとの浅き事は、何事なりともあきらめ申さん」と言はれければ、近習(きんじゅう)の人々、女房なども、「興あるあらがひなり。おなじくは、御前にてあらそはるべし。負けたらん人は、供御(ぐご)をまうけらるべし」と定めて、御前にて召し合はせられたりけるに、具氏、「幼くより聞きならひ侍れど、その心知らぬこと侍り。『むまのきつりやうきつにのをかなかくぼれいりくれんとう』と申す事は、如何なる心にか侍らん」と申されけるに、大納言入道、はたと詰りて、「是はそぞろごとなれば、言ふにも足らず」と言はれけるを、「本(もと)より深き道は知り侍らず。そぞろごとを尋ね奉らんと定め申しつ」と申されければ、大納言入道、負になりて、所課(しょか)いかめしくせられたりけるとぞ。

口語訳

資季大納言入道とか申し上げた人が、具氏宰相中将に逢って、「そなたが質問する程度のことは、何事であっても、答え申さないことがあろうか」と言われたので、具氏は「さあどうしましょう」と申されたのを、「ならば、挑戦なされよ」と言われて、「大事な事は、私は少しも学び知っていませんので、尋ね申し上げるまでもありません。何でもないどうでもいい事の中に、はっきりしない知識をご質問いたしましょう」と申された。「まして、身近でつまらない事なら、何事であっても明らかにしてお答え申そう」と言われたので、側近の人々が、女房なども、「面白い挑戦ですね。同じことなら君の御前で挑戦なさい。負けた人は、御馳走を用意なさるのですよ」と約束して、御前にて両名を召して勝負させた所、具氏、「幼い頃から聞きなれておりますが、その意味を知らないことがございます。『むまのきつりやうきつにのをかなかくぼれいりくれんとう』と申す事は、どんな意味でございましょう」と申された所、大納言入道はぐっと詰まって、「これはつまらない事であるので、わざわざ言うまでもない」と言われたのを、「もともと大事な事は知りません。つまらない事をお尋ねしますと約束申上げましたよ」と申されたので、大納言入道の負けになって、御馳走を盛大にふるまわれたということであった。

語句

■資季大納言入道 藤原資季。正元元年(1259年)権大納言。正応2年(1289年)没。83歳。和漢の古典に詳しく『新勅撰集』以下に37首入集。 ■具氏宰相中将 源具氏。文永4年(1267年)宰相中将。近衛右中将を兼任、建治元年(1275年)没。44歳。村上源氏。『続古今集』以下に17首入集。藤原資季より25歳年下。 ■わぬし 同格または目下の者に対して言う。 ■あらがふ 挑戦する。 ■はかばかしき事 重要なこと。 ■そぞろごと くだらない事。とりとめもない事。 ■ここもとの 身近な。 ■あきらめる 明らかにする。 ■近習 側近。 ■御前 天皇または上皇の御前。 ■供御 御馳走。 ■まうける 準備する。 ■召し合はせられたりけるに 御前に召して対決されなさった所、 ■所課 賭けに負けた場合に提供する御馳走のこと。 ■いかめしく 盛大に。 

メモ

■何でも質問してみろ、どうでもいいことでも答えてやる→じゃ聞きます。●×●×とは何ですか?→そんなどうでもいいことは知らん→どうでもいいことでも答えるって言ったじゃないですか→ぎゃふん。 ■物知り自慢で失敗する。落語にも。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク