第百三十六段 医師篤成、故法皇の御前にさぶらひて

医師(くすし)篤成(あつしげ)、故法皇の御前(ごぜん)にさぶらひて、供御(ぐご)の参りけるに、「今参り侍る供御の色々を、文字も功能(くのう)も尋ね下されて、そらに申し侍らば、本草(ほんぞう)に御覧じあはせられ侍れかし。ひとつも申しあやまり侍らじ」と申しける時しも、六条故内府(ろくじょうのこだいふ)参り給ひて、「有房ついでに物習ひ侍らん」とて、「まづ、しほといふ文字は、いづれの偏にか侍らん」と問はれたりけるに、
「土偏(どへん)に候」と申したりければ、「才(ざえ)のほど既にあらはれにたり。いまはさばかりにて候へ。ゆかしきところなし」と申されけるに、どよみになりて、まかり出でにけり。

口語訳

医師の篤成が、おかくれになった後宇多法皇の御前に侍っていて、御馳走が参った時に、「今参ります御馳走の品々を、法皇さまが名前も効能も尋ね下されて、私がそらに申しましたら、本草に照らし合わせて御覧になってくださいまし。ひとつも間違いません」と申した、まさにその時、今は亡き六条内大臣源有房が参上なさって、「有房がついでに物を教わりましょう」といって、「まず、しほという文字は、何偏でしょうか」とご質問になったので、「土偏でございます」と申した所、「あなたの才覚の程は既にはっきりしました。今はそれで十分でございます。これ以上聞きたいことはありません」と申されたので、大笑いとなって、篤成は退出した。

語句

■医師篤成 和気篤成。典薬頭。大膳大夫。 ■故法皇 後宇多法皇。弘安10年(1287年)譲位。徳治2年(1307年)出家。元亨4年(1324年)崩御。58歳。 ■文字 名称。 ■功能 効能。 ■本草 本草学の書物。広く動物・植物・鉱物についてその薬用を研究する中国渡来の学問。 ■かし 念を押す終助詞。 ■六条故内府 源有房。元応元年(1319年)内大臣。没。69歳。 ■しほといふ文字 「塩」「鹽」を掛けて尋ねた。 ■どよみ 大笑い。

メモ

■「塩」「鹽」を掛けて尋ねたのがポイント。しかし、有房の意図がどこにあったかは不明。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク