第百三十七段 花はさかりに

花はさかりに、月はくまなきをのみ見るものかは。雨に向ひて月を恋ひ、たれこめて春の行方知らぬも、なほあはれに情けふかし。吹きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見所多けれ。歌の詞書にも、「花見にまかれけるに、はやく散り過ぎにければ」とも、「障る事ありてまからで」なども書けるは、「花を見て」と言へるにおとれる事かは。花の散り、月の傾(かたぶ)くを慕ふ習ひは、さる事なれど、ことにかたくななる人ぞ、「この枝、かの枝散りにけり。今は見所なし」などは言うめる。

万(よろづ)の事も、始め終りこそをかしけれ。男女(おとこおんな)の情(なさけ)も、ひとへに逢ひ見るをばいふものかは。逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとりあかし、遠き雲居を思ひやり、浅茅(あさぢ)が宿に昔をしのぶこそ、色好むとは言はめ。

望月のくまなきを千里(ちさと)の外までながめたるよりも、暁近くなりて待ち出でたるが、いと心深う、青みたるやうにて、深き山の杉の梢に見えたる、木の間の影、うちしぐれたる村雲がくれのほど、 またなくあはれなり。椎柴(しいしば)・白樫(しらかし)などの濡れぬるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、身にしみて、心あらん友もがなと、都恋しう覚ゆれ。

口語訳

花は盛りを、月はかげりの無いのだけを見るべきものであろうか。雨に向かって月を恋しく思い、部屋に引きこもって春がどこへ行くのか、その行く末を知らないのも、いっそう趣深ものだ。

今にも咲きそうにしている花の梢、花が散りしおれた庭などこそ見所は多い。歌の詞書にも「花見に出かけたのに、はやく散り過ぎたので」とも、「事情があって出かけることができなくて」なども書いているのは、「花を見て」と言うに劣った事だろうか。そんな事はない。

花が散り、月の傾くのを慕う習慣は、もっともなことなのに、ことに無粋な人ほど、「この枝もあの枝も散ってしまった。今は見所が無い」などと言うようだ。

あらゆる事も、始めと終わりこそが趣深いのだ。男女の機微も、ひたすらに逢って見ている間だけを言うものだろうか。逢えずに終わった残念さを思い、かりそめのはかない契りを恨み嘆き、長き夜をひとりで明かし、はるかかたなを思いやり、みすぼらしい宿に昔をしのぶのこそ、男女の情緒を解すると言えよう。

満月のかげりないのを千里先まで見渡せる所でながめるよりも、夜明け近くなって待ちに待った月が出たのを、たいそう心深く、青みがかったように、深い山の杉の梢に月が見えている、木の間の月影、さっと時雨を降らせた一群の雲に隠れている様子、比べようもなく趣深い。

群生した椎の木・白樫などの濡れたような葉の上に(月の光が反射して)きらめいているのこそ、身にしみて、風流を解する友がいたらなあと、都が恋しく思われる。

語句

■かは 「か」は反語。「は」は強調。強い反語表現。 ■たれこめて 簾をたれて、中に引きこもって。「たれこめて春のゆくへも知らぬまに待ちし桜も移ろひにけり」(古今・春下・藤原因香) ■咲きぬべきほどの梢 「ぬ」は確認。「べき」は推量。咲いてしまいそうな。 ■詞書 歌の前につける前書き。歌の詠まれた状況・いきさつなどを述べる。 ■まかる 「行く」の謙譲語。 ■かたくななる人 無粋な人。無風流な人。

■ひとへに ひたすらに。 ■あだなる契り かりそめのはかない契り。 ■かこち 恨み嘆き ■雲居 はるかかなた。 ■浅茅が宿 チガヤなどが生い茂る荒れ果てた家。 ■色好む 恋の情緒を解する。 ■千里のほかまで はるか遠い千里のかなたまで見渡せる所で。「三五夜中新月の色、二千里外故人の心
」(八月十五日夜禁中に独り直し月に対して元九を憶う・白氏文集十四) ■待ち出でたる 待ちに待っていた月がやっと出た。 ■うちしぐれたる しぐれを降らせた。 ■ほど 様子。 ■またなく この上なく。 ■椎柴 椎の木の群生。または「小さな椎の木」という説も。 ■白樫 ブナ科の常緑高木。 ■都恋しう 作者は都の外に隠遁していて、遠い都のことをなつかしんでいる。


すべて、月・花をば、さのみ目にて見るものかは。春は家を立ち去らでも、月の夜は閨(ねや)のうちながらも思へるこそ、いとたのもしう、をかしけれ。よき人は、ひとへに好けるさまにも見えず、興ずるさまも等閑(なおざり)なり。片田舎の人こそ、色こく万(よろづ)はもて興ずれ。花の本(ほん)には、ねぢ寄り立ち寄り、あからめもせずまもりて、酒飲み連歌して、はては、大きなる枝、心なく折り取りぬ。泉には手足さし浸して、雪にはおり立ちて跡つけなど、万(よろづ)の物、よそながら見ることもなし。

さやうの人の祭見しさま、いとめづらかなりき、「見ごと、いとおそし。そのほどは桟敷不要なり」とて、奥なる屋にて酒飲み、物食ひ、囲碁・双六など遊びて、桟敷には人を置きたれば、「渡り候ふ」といふ時に、各(おのおの)胆(きも)つぶるるやうに争ひ走りのぼりて、落ちぬべきまで簾張り出でて、押し合ひつつ、一事(ひとこと)も見もらさじとまぼりて、「とあり、かかり」と、ものごとに言ひて、渡り過ぎぬれば、「又渡らんまで」と言ひておりぬ。ただ、ものをのみ見んとするなりべし。都の人のゆゆしげなるは、睡(ねぶ)りて、いとも見ず。若く末々なるは、宮仕へに立ち居、人の後にさぶらふは、様あしくも及びかからず、わりなく見んとする人もなし。

現代語訳

すべて、月・花を、そうむやみに目で見るべきだろうか。春は家を立ち去らないでも、月の夜は寝床の中にいながら想像するのこそ、たいそう情緒が尽きず、趣深いのだ。

よき人は、むやみに風流を愛好する様子にも見えず、楽しむ様子も淡泊である。片田舎の人こそ、しつこく、万事騒ぎ立てる。花の本には、ねぢり寄り立ち寄って、わき目もふらず見守り、酒を飲み連歌して、果ては、大きな枝を、考えもなく折り取る。

泉には手足を浸して、雪にはおり立ちて跡をつけるなど、あらゆる物を、よそながら見るということが無い。

そのような人々が賀茂祭を見物する様子は、たいそう珍妙であった。「見るべき行列がくるのはずっと後だ。その時までは桟敷は不要である」といって、桟敷の奥にある家屋にて酒を飲み、物を食い、囲碁・双六などで遊んで、桟敷には人を置いてあるので「行列が渡ってきます」と言う時に、おのおのあわてふためいて争い走って桟敷に上って、桟敷から落ちるほどまでに簾を張り出して、押しあいつつ、一つも見逃すまいと見守って、「ああだ、こうだ」と、行列の一つ一つについて批評し、行列が渡り過ぎたら、「また渡ってくるまで」と言って、桟敷の奥の部屋に下りる。

ただ、行列そのものを見ているだけなのだろう。都の人でそれなりの身分に見える人は、居眠りしたりして、そう身を入れて見物している様子は無い。若く身分の低い人々は、貴人に仕えて立ったり座ったりして、人の後ろに控えている人々はみっともなくのしかからず、無理に見物しようとする人も無い。

語句

■さのみ そうむやみに。 ■閨1 寝室。 ■たのもしう 情緒が尽きず。 ■ひとへに好けるさま むやみに風流を愛好する様子。 ■色こく しつこく、あくどく。 ■ねぢ寄り 体をねじっち立ち寄り。 ■あからめもせず わき目もせず。 ■心なく 考えもなく。思慮分別なく。

■祭 葵祭。 ■めづらか 珍妙。 ■見ごと 見るべき物事。祭の行列を指す。 ■桟敷 桟敷 沿道に設けられた見物席。街路より一段高く、前には簾が張られた。 ■奥なる屋 桟敷の奥にある一段低い家屋。 ■胆つぶるるやうに あわてふためいて。 ■まぼりて  見守って。 ■とあり、かかり 「とあり、かくあり」の略。ああだ、こうだと批評しているさま。 ■ものごとに 行列の一つ一つについて。 ■おりぬ 桟敷から奥の家屋へ下りる。 ■ものをのみ 行列そのものだけを。 ■ゆゆしげなる 立派な身分に見える人。 ■睡りて、いとも見ず。 居眠りなどして、別段身を入れて見ているようでもない。 ■末々なる 身分の低い人たち。 ■宮仕へに立ち居る 貴人に仕えて立ったり座ったりする。 ■及びかかる のしかかる。 ■わりなく 無理に。


何となく葵かけわたしてなまめかしきに、明けはなれぬほど、忍びて寄する車どものゆかしきを、それか、かれかなど思ひ寄すれば、牛飼・下部などの見知れるもあり。をかしくも、きらきらしくも、さまざまに行きかふ、見るもつれづれならず。暮るるほどには、立て並べつる車ども、所なく並みゐつる人も、いづかたへか行きつらん、ほどなく稀に成りて、事どもの乱がはしさもすみぬれば、簾・畳も取りはらひ、目の前にさびしげになりゆくこそ、世のためしも思ひ知られて、あはれなれ。大路(おおち)見たるこそ、祭見たるにてはあれ。

かの桟敷の前をここら行きかふ人の、見知れるがあまたあるにて知りぬ、世の人数もさのみは多からぬにこそ。この人みな失せなん後、我が身死ぬべきに定まりたりとも、ほどなく待ちつけぬべし。大きなる器(うつわもの)に水を入れて、細き穴をあけたらんに、滴(しただ)る事すくなしといふとも、怠る間なく洩りゆかば、やがて尽きぬべし。都の中(うち)に多き人、死なざる日はあるべからず。一日(ひとひ)に一人、二人のみならんや。鳥辺野・舟岡、さらぬ野山にも、送る数多かる日はあれど、送らぬ日はなし。

現代語訳

いたる所に葵をかけわたして優美な中に、まだ夜が明けきらない時間に、忍んで寄せてくる何台かの車で心が惹かれるのを、乗っているのはその人か、あの人かなど思いを寄せれば、牛飼い・下部などの見知った者もある。趣深くも、きらびやかにも、さまざまに行き交うのは、見ているだけでも退屈しない。

日が暮れる時間には、立て並べていた多くの車も、所せましと並び座っていた人も、どこへ行ってしまったのだろうか、ほどなく稀になって、多くの車の騒々しさも静まると、簾・畳も取り払い、見ているうちにさびしげになっていくのこそ、世の無常も思い知られて、趣深い。大路を見るのこそ、祭を見ていることなのだ。

その桟敷の前を多数行きかう人に、見知っている者が多くあることから知るのだ。世の人の数も、それほど多くは無いと。この人たちがみな死んだ後、わが身も死ぬと定まっているとしても、すぐにその時は来て、死んでしまうに違いない。

大きな容器に水を入れて、細い穴をあけたところ、したたる事は少ないといっても、怠る間もなく洩れていけば、すぐに水は尽きるに違いない。都の中に人は多いが、死なない日は無いはずだ。それも一日に一人、二人のみであろうか。そんなことはなかろう。鳥辺野・舟岡、そのほか何でもない野山にも、死者を葬送する数が多い日はあるが、葬送しない日はない。

語句

■何となく 何にかけるというわけでもなく、すべてにわたって。 ■明けはなれぬほど まだ夜が明けない時間に。 ■下部 召使。 ■乱がはしさ 騒々しさ。 ■目の前に 見ているうちに。 ■世のためし この世が無常であるという習わし。

■ここら 多数。大勢。 ■待ちつけぬべし 待っていて、その時に会う。 ■鳥辺野 京都市東山区の鳥辺山のふもと一帯。墓が多かった。現在も墓地がある。 ■舟岡 京都市北区にある丘。埋葬地があった。


されば、棺をひさくもの、作りてうち置くほどなし。若きにもよらず、強きにもよらず、思ひかけぬは死期(しご)なり。今日まで遁(のが)れ来にけるは、ありがたき不思議なり。しばしも世をのどかには思ひなんや。ままこだてといふものを双六の石にて作りて、立て並べたるほどは、取られん事いづれの石とも知らねども、数へあてて一つを取りぬれば、その他は遁(のが)れぬと見れど、又々数ふれば、彼是(かれこれ)間抜き行くほどに、いづれも遁(のが)れざるに似たり。兵(つわもの)の軍(いくさ)に出づるは、死に近きことを知りて、家をも忘れ、身をも忘る。世をそむける草の庵には、閑かに水石(すいせき)をもてあそびて、これを余所(よそ)に聞くと思へるは、いとはかなし。閑かなる山の奥、無常の敵(かたき)競(きお)ひ来(きた)らざらんや。その死に臨める事、軍(いくさ)の陳(ぢん)に進めるにおなじ。

現代語訳

であるので、棺を売る者は、作って売らずに置いていく暇が無い。若かろうと強かろうと、予測できないのは死ぬ時である。今日まで死なずに逃れてきたのは滅多にない奇跡なのだ。ほんの少しの間でもこの世をのんびりとしたものと思うだろうか。継子立てというものを双六の石で作って、石を並べた時は、取られる事どの石ともわからないが、10個、10個と数え当てて一つを取ってしまうと、その他は取られずに逃げ切ったと見るけれど、またまた数えると、あれこれ抜いて行くうちに、どれも逃げられないのに似ている。

武士が戦に出る際は、死が近いことを知って家をも忘れ、身をも忘れる。俗世間から離れた草の庵には、閑かに水や石を愛でて、世の無常をよそごとと聞くと思うのは、たいそう浅ましい考えだ。

閑かなる山の奥にも、無常の敵は勢いだって来ないだろうか。来る。死に直面している事は、戦の陣に進むこととに同じだ。

語句

■ひさく 売る。 ■のどかには のんびりしたものとは。 ■ままこだて 継子立。碁石を使った遊戯。白黒十五個ずつ三十個の碁石を円形または方形にならべる。ある石から十個目の石をとりのぞく。以後、順番に十個目の石を取り除き、最後に残った石を勝ちとする。 ■数へあてて 十番目、十番目と数え当てて。 ■世をそむける 俗世間を離れた。 ■草の庵 草で屋根を葺いた草庵。 ■もてあそびて 愛でて。賞翫して。 ■はかなし 浅はかである。 ■競い来る 勢いこんで来る。

メモ

■兼好の美意識を語った美文。有名な章段。もっとも長い。
■季節だけでなく人生も。落ち目の時ほど輝く。
■京都観光地の中国人。
■銀閣寺の銀沙壇
■携帯・スマホを見たらそうとう嫌いそう。
■悪口を言いながらも、愛情が感じられる。口が悪いのに不愉快でないのはそこだろう。
■風流を味わうのに想像力を使えという前半から、後半は世の無常へとテーマがうつっていく。
■また双六のたとえが。よほど好きだったらしい。
■暗に方丈記はぬるいと言っているよう。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク