第百三十九段 家にありたき木は、

家にありたき木は、松・桜。松は五葉もよし。花は一重なるよし。八重桜は奈良の都にのみありけるを、この比(ごろ)ぞ、世に多くなり侍るなる。吉野の花、左近の桜、皆一重にてこそあれ。八重桜は異様(ことよう)の物なり。いとかちたくねぢけたり。植ゑずともありなん。遅桜、又すさまじ。虫のつきたるもむつかし。梅は白き、薄紅梅。一重なるが疾く咲きたるも、重なりたる紅梅の匂ひめでたきも、皆をかし。遅き梅は、桜に咲きあひて、覚えおとり、けおされて、枝にしぼみつきたる、心憂し。「一重なるが、まづ咲きて散りたるは、心疾(と)く、をかし」とて、京獄入道中納言(きょうごくのにゅうどうのちゅうなごん)は、なほ一重をなん、軒近く植ゑられたりける。京極の屋の南向きに、今も二本侍るめり。柳、又をかし。卯月ばかりの若楓、すべて万(よろづ)の花・紅葉にもまさりてめでたきものなり。橘・桂、いづれも木はもの古(ふ)り、大きなるよし。

草は、山吹・藤・杜若(かきつばた)・撫子。池には蓮(はちす)。秋の草は荻・薄(すすき)・桔梗(きちこう)・萩・女郎花(おみなえし)・藤袴・紫苑・吾木香(われもこう)・刈萱(かるかや)・竜胆(りんどう)・菊。黄菊(きぎく)も。蔦(つた)・葛(くず)・朝顔・いづれもいと高からず、ささやかなる、墻(かき)に繁からぬ、よし。この外の、世に稀なる物、唐めきたる名の聞きにくく、花も見なれぬなど、いとなつかしからず。

おほかた、なにもめづらしくありがたき物は、よからぬ人のもて興ずるものなり。さやうのもの、なくてありなん。

口語訳

家に植えておきたい木は、松・桜。松は五葉松もいい。花は一重であるのがよい。八重桜は奈良の都だけにあったのを、最近は、世に多くなってございます。吉野の花、左近の桜、皆一重である。(だから)八重桜は風変りな物である。たいそう仰々しくひねくれている。植えなくてもいいだろう。

遅桜もまた興冷めだ。虫のついたのは嫌だ。梅は白いのと、薄紅梅。一重であるのが早目に咲いたのも、重なった紅梅の匂いの見事なのも、皆趣がある。遅く咲く梅は、桜とともに咲いて、情緒が劣り、圧倒されて、枝にしがみついているのが、残念な感じだ。

「一重の梅がまず咲いて、散るのは、気が早くて、趣深い」ということで、京極入道中納言(藤原定家)は、やはり一重梅を軒近く植えられたということだ。京極の屋敷の南向きに、今も二本残っているようです。

柳もまた、趣深い。卯月ごろの若楓は、すべてのあらゆる花・紅葉にもまさって素晴らしいものである。橘・桂、どちらも木は古びて、大きいのがいい。

草は、山吹・藤・杜若(かきつばた)・撫子。池には蓮(はちす)。秋の草は荻・薄(すすき)・桔梗・萩・女郎花(おみなえし)・藤袴・紫苑・吾木香(われもこう)・刈萱(かるかや)・竜胆(りんどう)・菊。黄菊(きぎく)もいい。

蔦(つた)・葛(くず)・朝顔は、どれもあまり背が高くなく、ささやかであるのが、垣根にあまり繁っていないのがいい。この外の世にも稀な物、中国風の名が聞きにくく、花も見慣れないものなどは、それほど心惹かれない。

大方、何においてもめづらしく滅多に無い物は、道理のわからぬ人が面白がるのである。そのような物は、無いほうがよいだろう。

語句

■ありたき 植えておきたい。 ■左近の桜 紫宸殿の南庭の階の東に植えてある桜。朝儀の時、左近衛府の官人たちがこの南に並んだことによる。最初梅だったが桜に変更された。 ■異様 風変りなもの。 ■こちたし 仰々しい。 ■ねぢけたり ひねくれている。 ■すさまじ 興冷め。殺風景。 ■むつかし 嫌なもの。 ■覚えおとり 情緒が劣り。 ■けおされて 圧倒されて。 ■しぼみつく しがみつく。 ■心疾く 気が早くて。 ■京極入道中納言 歌人藤原定家。権中納言。晩年出家した。京極はその邸宅。 ■京極の屋 定家の晩年の屋敷。一条の北、京極の東。 ■もて興ずる 面白がる。「もて」は動詞の上につけて強調をあらわす。

メモ

■枕草子を意識。しかし兼好の場合、いい例より悪い例を語るほうが活き活きしている。
■藤原定家
■庭園散策が楽しくなる
■兼好の価値観は作為を嫌い、自然であることを愛する

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク