第百四十二段 心なしと見ゆる者も、よき一言いふものなり

心なしと見ゆる者も、よき一言いふものなり。ある荒夷(あらえびす)のおそろしげなるが、かたへにあひて、「御子(みこ)はおはすや」と問ひしに、「一人も持ち侍らず」と答へしかば、「さては、もののあはれは知り給はじ。情なき御心(みこころ)にぞのもし給ふらんと、いとおそろし。子故にこそ、よろづのあはれは思ひ知らるれ」と言ひたりし、さもありぬべき事なり。恩愛の道ならでは、かかる者の心に慈悲ありなんや。孝養(きょうよう)の心なき者も、子持ちてこそ、親の志は思ひ知るなれ。

世を捨てたる人の、万にするすみなるが、なべてほだし多かる人の、万にへつらひ、望み深きを見て、無下に思ひくたすは僻事(ひがごと)なり。その人の心になりて思へば、誠に、かなしからん親のため、妻子のためには、恥をも忘れ、盗みもしつべき事なり。されば、盗人(ぬすびと)をいましめ、僻事をのみ罪せんよりは、世の人の饑ゑず、寒からぬやうに、世をば行はまほしきなり。人、恒(つね)の産なきときは恒の心なし。人、きはまりて盗みす。世治まらずして、凍餒の苦しみあらば、咎の者絶ゆべからず。人を苦しめ、法を犯さしめて、それを罪なはん事、不便(ふびん)のわざなり。

さて、いかがして人を恵むべきとならば、上(かみ)の奢り費す所をやめ、民を撫で農を勧めば、下(しも)に利あらん事、疑ひあるべからず。衣食尋常(よのつね)なるうへに、僻事せん人をぞ、まことの盗人とはいふべき。

口語訳

心無いと見える者も、いい一言を言うものである。ある荒々しい田舎者で恐ろしげな者が、傍らの人に向かって、「子供はおはすか」と質問したのに、「一人も持ちません」と答えたところ、「ならば、人間の情緒は御存知なかろう。薄情なお心でいらっしゃるだろうと、大変恐ろしい。子がいるからこそ、万事の人情は思い知れるのである」と言ったのは、いかにも、もっともだ。恩愛の道でなくては、このような者の心に慈悲の心が生まれるだろうか。親を敬い慈しむ心無い者でも、子を持つことで、親の気持ちを思い知るのである。

俗世間を捨てた世捨て人が、万事独り身の境遇であるのが、おしなべて係累の多い人が、万事へつらい、望みの深いのを見て、無下に見下すのは間違いである。その人の心になって思えば、本当に、愛する親のため、妻子のためには、恥をも忘れ、盗みもするだろう事である。

であれば、盗人を捕縛し、間違いだけを罰するよりは、世の人が飢えず、寒くないように政治を行ってほしいものである。人は生活が安定していないと、安定した心が持てない。人は追い詰められて盗みを行う。世が治まらないで、凍えることと飢えることの苦しみがあれば、罪を犯す者が尽きることはない。

人を苦しめ、法を犯させて、それを罰する事は、不憫なことである。

さて、どうやって人を恵むかというと、上に立つ者が贅沢して浪費することをやめ、民をかわいがり農業を推進すれば、下に利があることは、疑いない。衣食が足りているのに、その上に間違いを犯す人を、本当の盗人というべきだ。

語句

■荒夷 荒々しい田舎者。関東の荒武者。 ■かたへ 傍らの人。 ■ものし給ふ いらっしゃる。「ものす」は他の動詞のかわりに用いて言い方を婉曲にする。 ■孝養の心 親をうやまい養う心。 ■するすみなる 独り身の境遇である。 ■ほだし 親や妻子などの係累。 ■僻事 間違い。 ■かなしからん 愛しい。 ■世を行はまほしき 政治を行ってほしい。 ■恒の産なき時は 生活が安定していない時は。「恒の産」は生活するために必要な財産・仕事。「恒の産無くして恒の心あるは、ただ士のみ能くす。民のごときは、則ち恒の産なければ、放辟邪侈、為さざるなきのみ。罪に陥るに及びて、然る後、従ひてこれを刑せば、これ民を罔(あみ)するなり」(孟子・梁恵王章句上)による。 ■人、きはまりて盗みす 「獣窮すれば則ちツカみ、人窮すれば則ち詐(いつわ)り」(孔子家語・顔回)、「小人窮すれば斯(ここ)に濫(みだ)る」(論語・衛霊公第十五)  ■凍餒の苦しみ 凍えることと飢えること。 ■不便のわざ かわいそうなこと。 ■民を撫で 民をかわいがり。

メモ

■子は持つな。結婚はするなが兼好の論。矛盾しているようだが、この矛盾こそ徒然草の醍醐味。
■冷めたことを言うが一方では人情のある感じ。
■荒夷の言葉は、「余計なお世話」であるが。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク