第百四十三段 人の終焉の有様のいみじかりし事など、

人の終焉の有様のいみじかりし事など、人の語るを聞くに、ただ、閑(しづか)にして乱れずと言はば心にくかるべきを、愚かなる人は、あやしく異なる相を語りつけ、言ひし言葉も、ふるまひも、おのれが好むかたにほめなすこそ、その人の日来(ひごろ)の本意(ほい)にもあらずやと覚ゆれ。

この大事は、権化の人も定むべからず。博学の士もはかるべからず。おのれたがふ所なくは、人の見聞くにはよるべからず。

口語訳

人の臨終の様子の立派であった事など、人が語るのを聞くと、ただ、静かで乱れなかったと言えば奥ゆかしいのに、愚かな人は、不思議で変わった有様を語り添え、言った言葉も、ふるまいも、自分が好む方向にほめなすのは、その人の日頃の意思でもあるまいと思われる。

この死という大事は、神仏の化身として生まれてきた人も判定できない。博学な人も予測できない。本人が日頃の意思に沿っていれば、それでいいのであって、他人の見聞きする所で臨終の良し悪しが決まるわけではない。

語句

■終焉 死ぬこと。臨終。 ■あやしく異なる相 不思議で変わった有様。 ■語りつけ 語り添え。 ■この大事 臨終という大事。 ■権化の人 神仏の化身。 ■定む 判定する。 ■はかる 予測する。 ■おのれたがふ所なくは 本人が日来の本意のままに死ねるなら。 

メモ

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク