第百四十四段 栂尾の上人、道を過ぎ給ひけるに、

栂尾(とがのお)の上人、道を過ぎ給ひけるに、河にして馬洗う男(おのこ)、「あしあし」と言ひければ、上人立ちとまりて、「あな尊や。宿執開発(しゅくしゅうかいほつ)の人かな。阿字阿字と唱ふるぞや。如何なる人の御馬(おんうま)ぞ、あまりに尊く覚ゆるは」と尋ね給ひければ、「府生殿(ふしょうどの)の御馬に候」と答へけり。「こはめでたき事かな。阿字本不生にこそあなれ。うれしき結縁(けちえん)をもしつるかな」とて、感涙をのごはれけるとぞ。

口語訳

栂尾(とがのお)の明恵上人が、道を通り過ぎられた時、河で馬を洗っている男が、「足足」と言ったところ、上人は立ち止まって、「ああ尊いことよ。前世の良い行いが現世で身を結んだ、立派な人であるな。阿字阿字と唱えるとは。どんな人の御馬であるか。あまりに尊く思われるよ」とお尋ねになったので、「府生殿の御馬でございます」と答えた。

「これはめでたい事であるよ。阿字本不生であるな。うれしい仏縁を結んだものよ」といって感涙を拭われたということだ。

(「阿字」はサンスクリット語の第一母音に漢字をあてたもの。この音が元になってすべての音が生れるので、密教では宇宙の根元として大事にされる。「阿字本不生」は阿字が絶対的な存在で、不生にして不滅であるとする思想)

語句

■栂尾(とがのお)の上人 明恵上人。寛喜4年(1232年)入寂。60歳。京都市右京区高山寺を再興し、華厳宗の中興の祖となった。 ■あしあし 「足足」か。馬の足を上げさせようと発した言葉と思われる。 ■宿執開発の人 前世での善根功徳が現世で身を結んだ立派な人。 ■阿字 「足」を聴き誤ったもの。「阿」はサンスクリット語の第一母音に漢字をあてたもの。この音が元になってすべての音が生れるので、密教では宇宙の根元として大事にされる。 ■府生殿 六衛府か検非違使庁に置かれた下級役人。 ■阿字本不生 阿字が絶対的な存在で、不生にして不滅であるとする思想。 ■結縁 仏道に縁を結ぶこと。

メモ

■阿字、阿字本不生の説明
■浮世離れした専門家のおもしろさ
■明恵上人は北条泰時を仏に導いた
■洛西の高山寺。鳥獣戯画で有名

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク