第百四十九段 鹿茸を鼻にあてて嗅ぐべからず。

鹿茸を鼻にあてて嗅ぐべからず。小(ち)さき虫有りて、鼻より入りて脳を食(は)むといへり。

口語訳

鹿茸(鹿の新しく生え変わった角)を鼻にあてて嗅いではならない。小さい虫があって、鼻から入って脳を食うということである。

語句

■鹿茸 初夏、鹿の角が落ちて、その部分に新しく生えた角。形が袋状に見えるので袋角ともいう。乾燥させて強壮剤として用いる。『本草綱目』に、鹿茸の中に虫があり人の鼻から入って虫類となる、薬も及ばずとある。

メモ

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク