第百五十段 能をつかんとする人、

能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。いまだ堅固(けんご)かたほなるより、上手の中にまじりて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず、みだりにせずして年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、終(つい)に上手の位にいたり、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして放埓(ほうらつ)せざれば、世の博士にて、万人(ばんにん)の師となる事、諸道かはるべからず。

▼音声が再生されます▼

口語訳

芸能を身につけようとする人は、「うまくないうちは、うかつに人に知られないようにしよう。内々でよく練習して上手くなってから人前に出たら、たいそう奥ゆかしいだろう」と常に言うようだが、このように言う人は、一芸も身に付くことは無い。

いまだ全く不完全なころから、上手い人の中に交じって、けなされ笑われるにも恥じず、平然と押し通して稽古する人が、天性の才能は無くても、その道に停滞せず、いい加減にしないで年を送れば、才能があっても稽古をしない者よりは、最終的には名人の境地に到り、長所も伸び、人に認められて、ならびなき名を得る事である。

天下のものの上手といっても、始めはヘタクソの評判もあり、ひどい欠点もあった。しかし、その人がその道の規則・規律を正しく、これを大切にしていい加減にしなかったので、いつしか世間から認められる権威となって、万人の師となる事は、どんな道でも変わるはずはない。

語句

■能 芸能・技能。 ■つかん 身につけよう。 ■なまじひに なまじっか。うかつに。 ■さし出たらんこそ 「さし」は接頭語。人前に出たら。 ■堅固 いっこうに。 ■かたほ 不完全。 ■つれなく過ぎて 平然と押し通して。 ■嗜む 稽古する。 ■骨 器量・天分。 ■道になづまず その道で停滞せず。 ■みだりにせずして いい加減にしないで。 ■堪能の嗜まざる 素質はあるが稽古に打ち込まない者。 ■上手の位 名人の境地。 ■徳たけ 長所も伸び ■不堪 下手。 ■無碍の瑕瑾 ひどい欠点。「無碍」は否定的な言葉の悪さを強調する語。「瑕瑾」は傷。欠点。 ■掟 規則・規律。 ■放埓 自分勝手なふるまい。 ■世の博士 世に認められた権威。 ■

メモ

■身につまされる話だが、ここだけ取り出すと説教臭く思えてしまうのが問題
■不完全なうちから人に教えたほうがいい

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク