第百五十二段 西大寺静然上人、腰かがまり

西大寺(さいだいじ)静然(じょうねん)上人、腰かがまり、眉白く、誠に徳たけたる有様にて、内裏へまゐられたりけるを、西園寺(さいおんじの)内大臣殿(ないだいじんどの)、「あな尊(とーと)の気色(けしき)や」とて、信仰(しんごう)の気色(きそく)ありければ、資朝卿(すけとものきょう)これを見て、「年のよりたるに候」と申されけり。後日(ごにち)に、むく犬のあさましく老いさらぼひて、毛はげたるを引かせて、「この気色尊く見えて候」とて、内府(だいふ)へまゐらせられたりけるとぞ。

口語訳

西大寺の静然上人が、腰が曲がり、眉は白く、実に徳が高そうな様子で、内裏へ参上されたのを、西園寺内大臣殿が、「ああ尊い様子だなあ」といって上人に帰依する様子があったところ、日野資朝卿がこれを見て、「年取っているだけございますよ」と申された。

後日、むく犬のひどく年取ってやせ衰えて、毛がはげたのを引かせて、「この様子尊く見えてございます」といって、内大臣へ進上なさったということである。

語句

■西大寺 大和西大寺。南都七大寺の一つ。奈良市西大寺町にある。天平神護元年(765年)称徳天皇の創建。東大寺とならぶ大きな寺だった。 ■静然上人 叡尊から四代目にあたる西大寺長老。元弘元年(1331年)没。80歳。 ■腰かがまり 腰が曲がり。 ■西園寺内大臣殿 西園寺実衡(さねひら)。公衡(きんひら)(第八十三段)の子。元亨4年(1324年)内大臣。代々の親幕派。 ■信仰の気色 帰依する様子。 ■資朝卿 権中納言日野資朝。後醍醐天皇の寵臣。元亨元年(1321年)参議。元亨4年(1324年)後醍醐天皇による討幕計画が洩れ、日野俊基とともに六波羅探題に逮捕され、佐渡島に流される(正中の変)。正慶元年(1332年)斬られた。43歳。『太平記』で有名。気骨のある人物として知られる。これより三段、資朝の話が続く。 ■むく犬 むく毛の犬。 ■内府 だいふ。内大臣の唐名。 ■さらぼひて 痩せおとろえて。

メモ

■西園寺家は代々の親幕派。対して日野資朝は天皇親政派。その点でも対立する立場だったろう。
■大和西大寺
■太宰治「富嶽百景」

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク