第百五十三段 為兼大納言入道召し捕られて

為兼大納言入道召し捕られて、武士どもうち囲みて、六波羅へ率(い)て行きければ、資朝卿、一条わたりにてこれを見て、「あなうらやまし。世にあらん思ひ出、かくこそあらまほしけれ」とぞ言はれける。

口語訳

為兼大納言入道が召し捕られて、武士たちが囲んで、六波羅へひっぱって行った所、資朝卿は、一条あたりでこれを見て、「ああうらやましい。世に生きた思い出は、このようにありたいものだなあ」と言われた。

語句

■為兼大納言 京極為兼。藤原定家の曾孫。『玉葉集』の撰者。京極派の中心として二条為世(兼好の師)と歌道において対立した。二度にわたって捕えられ、始めは佐渡に、二度目は土佐に流された。この記事は二度目の時のもの。後に許されて河内に移ったが元弘2年(1332年)没した。帰京はできなかった。79歳。 ■六波羅 六波羅探題。鎌倉幕府の出先機関。京都東山区の六波羅に置かれた。南北二つがあった。都の守護・監視を行った。正慶2年(1333年)足利尊氏により攻め落とされる。 ■一条わたり 一条あたり。

メモ

■京極為兼
■六波羅

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク