第百五十五段 世に従はん人は、先(ま)づ機嫌を知るべし

▼音声が再生されます▼

世に従はん人は、先(ま)づ機嫌を知るべし。ついで悪しき事は、人の耳にもさかひ、心にもたがひて、その事ならず。さやうの折節を心得(こころう)べきなり。但し、病をうけ、子うみ、死ぬる事のみ、機嫌をはからず、ついで悪しとてやむことなし。生(しょう)・住(ぢゅう)・異(い)・滅(めつ)の移りかはる、実(まこと)の大事は、たけき河のみなぎり流るるが如し。しばしもとどこほらず、ただちに行ひゆくものなり。されば、真俗(しんぞく)につけて、 必ず果し遂げんと思はん事は、機嫌をいふべからず。とかくのもよひなく、足をふみとどむまじきなり。

春暮れてのち夏になり、夏果てて秋の来るにはあらず。春はやがて夏の気を催し、夏より既に秋は通ひ、秋は即ち寒くなり、十月は小春の天気、草も青くなり梅もつぼみぬ。木の葉の落つるも、先づ落ちて芽ぐむにはあらず。下よりきざしつはるに堪えずして落ちるなり。迎ふる気、下に設けたる故に、待ちつるついで甚だはやし。生・老・病・死の移り来る事、又これに過ぎたり。四季なほ定まれるについであり。死期(しご)はついでを待たず。死は前よりしも来らず、かねて後に迫れり。人皆死ある事を知りて、待つこと、しかも急ならざるに、覚えずして来(きた)る。沖の干潟(ひかた)遥かなれども、磯より潮の満つるが如し。

口語訳

世間に順応して生きようとする人は、まず時機というものを知るべきである。順序が悪いことは人の耳にも逆らい、心にもあわず、その事は成就しない。そのような時機を心得るべきである。

ただし、病にかかり、子を産み、死ぬ事だけは、時機をはからず、順序が悪くても止めなくてもよい。

発生・存続・変化・滅亡の四相が移り変わという真に大事なことは、勢い激しい河がみなぎり流れるようなものだ。

少しも滞る事が無い。すぐに実現していくものである。

であれば、脱俗していようと、俗世間にどっぷりだろうと、必ずやり遂げようと思う事は、時機がどうこう言ってはならない。少しの用意もせず(さっさと実行せよ)。足を踏み留めてはならない。

春が暮れて後に夏になり、夏が終わって秋が来るのではない。春はすぐに夏の気配を催し、夏の間から既に秋は通い、秋は秋であるままに寒くなっていき、十月は小春日和となり、草も青くなり梅もつぼみをつける。

木の葉の落ちるのも、まず落ちて芽が出てくるのではない。内部から芽吹くのに押されて、古い葉が落ちるのである。変化を迎える気というものは、内部で準備しているのだから、変化を待ち受ける手順はたいへん速い。

生れること・老いること・病・死。これらが移り来る事は、又季節以上に速い。四季はそれでもやはり決まった順番があるが、死ぬ時期には順番がない。死は前からばかり来るものではない。いつの間にか、後ろに迫っている。

人は皆死ぬことを知っていて、待っていても、それほど切迫した状態ではない時に、自覚なしにやって来る。沖の干潟ははるか遠いといっても、足元の磯から潮が満ちているのと同じである。

語句

■世に従はん人 世間に順応して生きる人。 ■機嫌 時機。ころあい。 ■ついで 事の次第・順序。 ■さかひ 逆らい。 ■生(しょう)・住(ぢゅう)・異(い)・滅(めつ) 仏語。発生・存続・変化・滅亡。仏教でこの四つを「四相」という。 ■行いゆく 実現していく。 ■真俗 仏事と俗事。 ■もよひ 用意。

■やがて そのまま。すぐに。 ■秋は即ち寒くなり 秋は秋のままでありながら次第に寒くなっていき。 ■十月 陰暦十月。「小春」は十月の異称。この頃春のような陽気が続くから。 ■きざしつはる 「きざし」は芽が出る。萌え出る。「つはる」は「きざす」に同じ。妊婦の「つはり」と同じこと。 ■迎ふる気 変化を迎える気。 ■下に設けたる 内部に用意している。「設ける」は用意する。 ■待ちとるついで 待ち受けて交代する手続き。 ■これに過ぎたり これよりも速い。 ■かねて あらかじめ。前もって。 ■急ならざるに 切迫していないのに。 ■沖の干潟 潮の干上がった遠浅の砂地。沖まで続く干潟。 ■磯より潮の満つる 干潟がはるか沖まで続き、潮が満ちるのに長い時間かかると思っていたら、足元の磯を見ると、意外にももう、潮が満ちていた状況。もちろん、この時沖も潮が満ちている。

メモ

■比喩「死は前から」「沖の干潟」強烈な印象を残す。
■季節の変わり目には思い出したい箇所。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク