第百五十六段 大臣の大饗は

大臣の大饗は、さるべき所を申しうけておこなふ、常の事なり。宇治左大臣殿は、東三条殿(とうさんじょうどの)にておこなはる。内裏にてありけるを、申されけるによりて、他所へ行幸ありけり。させることのよせなけれども、女院(にょういん)の御所など借り申す、故実(こしつ)なりとぞ。

口語訳

大臣の就任の時のお披露目式は、しかるべき所を願い申しうけて行うのが、常の事である。宇治左大臣藤原頼長さまは、東三条殿にて行われた。ここは内裏であったのだが、左大臣殿が願い申されたことによって、帝はよその御所へ行幸されたのだ。

これといった縁故はなくても、女院の御所などをお借り申すのが、昔からのしきたりであるということだ。

語句

■大臣の大饗 大臣が就任した時に、大臣以下の人々を招いて行う宴会。披露宴。 ■申しうけて 願い出て借りうけて。 ■宇治左大臣殿 宇治悪左府藤原頼長。忠実の子。久安5年(1149年)左大臣。保元の乱で戦死。37歳。 ■東三条殿 代々の藤原氏氏の長者の邸宅。二条通の南、町口通りの西に南北二町を占めた。忠実はいったん長男忠通に与えたが、後に奪って次男頼長に与えた。 ■内裏にてありけるを 東三条殿が内裏であったのを。しかし東三条殿が内裏であった事実はなく、兼好の記憶違いと思われる。近衛・後白河帝の内裏であった別の東三条殿と混同したか。 ■申されけるにより 大臣がお願い申上げたことにより。 ■ことのよせ 縁故。 ■女院 天皇の生母・准母・三后・女御・内親王などのうち「院」「女院」の号を受けた人。「にょいん」とも読む。 ■故実 昔からのならわし。

メモ

■前段から一変して考証的章段。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク