第百五十八段 盃のそこを捨つる事は

盃のそこを捨つる事は、いかが心得たる」と、或人の尋ねさせ給ひしに、「凝当(ぎょうとう)と申し侍るは、そこに凝りたるを捨つるにや候ふらん」と申し侍りしかば、「さにはあらず。魚道(ぎょとう)なり。流れを残して、口のつきたる所をすすぐなり」とぞ仰せられし。

口語訳

「盃の底にわずかに余った酒を捨てる習慣は、どういうことだと思うか」と、ある人がお尋ねになったので、私は、「凝当(ぎょうとう)と申しますのは、底にたまったものを捨てることでございましょうか」と申しましたところ、「そうではない。魚道(ぎょとう)だ。魚がいつも同じ道を通るように、盃に酒をわずかに残して、自分が口をつけた所をすすぐのである」と仰せられた。

語句

■盃の底を捨つる事 盃の底に少し残った酒を、別の人に盃をさす時に捨てるならわしがあった。 ■凝当 ぎょうとう。盃の底の酒を捨てることを「ぎょうとう」と称した。兼好はこれに「凝当」という文字を当てる。「当(そこ。底)に凝(こ)る」ということ。その説を或人から否定されるのである。 ■魚道 ぎょとう。魚がいつも通る道を過ぎるように、自分が口をつけた所を残った酒ですすぐ。 ■流れ 「お流れ」で盃に残った酒。

メモ

●考証的章段。よく意義がわからない。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク