第百六十一段 花のさかりは

花のさかりは、冬至より百五十日とも、時正(じしょう)の後、七日(なぬか)ともいへど、立春より七十五日、おほやうたがはず。

口語訳

花のさかりは、冬至から150日とも、春分の後、7日ともいうが、立春から75日と考えると、だいたい間違いはない。

語句

■冬至 二十四節気の一つ。太陽がもっとも南寄りになる日。日照時間が一年でもっとも短くなる。12月22、23日ごろ。旧暦では11月の半ば。 ■時正 昼と夜の長さが同じになる春分と秋分。ここでは春分。 ■立春 二十四節気の一つ。春のはじまりの日とされた。

メモ

■あやしく不確かな記憶。メモ程度

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク