第百六十九段 何事の式といふ事は

何事の式といふ事は、後嵯峨の御代(みよ)までは言はざりけるを、近きほどよりいふ詞(ことば)なり」と人の申し侍りしに、建礼門院の右京大夫(うきょうのだいぶ)、後鳥羽院の御位(おおんくらい)の後、又内裏住(うちず)みしたる事をいふに、「世のしきもかはりたる事はなきにも」と書きたり。

口語訳

何々の決まり事という意味で「式」という言葉をいうのは、御嵯峨院の御在位であった御世までは言わなかったのを、最近になるほど言う言葉である、と人が申しましたのですが、建礼門院右京大夫が後鳥羽院がご即位の後、ふたたび女房として宮中に出仕した事をいうのに、「世のしきもかはりたる事はなきも(世の式も変わっている事もないのだけど」と書いています。

語句

■何事の式 何々のやり方。決まり。今は「方式」「形式」など他の語と組み合わせて使うが、古くは「式」単体でも決まり、方式という意味で用いられた言葉。 ■後嵯峨 88代後嵯峨天皇。在位は仁治3年(1242年)-寛元4年(1246年)。その治世は兼好の生まれる約40年前。 ■建礼門院 平清盛の第二女徳子。高倉天皇中宮となり、言仁親王(安徳天皇)を生む。壇ノ浦で生け捕りとなり平家滅亡後は出家して洛北の大原寂光院にこもった。57歳。 ■右京大夫 建礼門院に仕えた女房。父は世尊寺伊行。当時右京大夫である藤原俊成の養子になっていたので、こう呼ぶか。平家一門の平資盛の恋人としても知られる。『建礼門院右京大夫集』の著作がある。後には後鳥羽院に仕えた。 ■後鳥羽院の御位 ご即位。寿永2年(1183年)。 ■内裏住み 女房として宮廷に出仕すること。 ■世のしきも… 「御しつらひも世のけしきも変りたる事なきに、ただ我が心のうちばかり砕けまさる悲しき」(建礼門院右京大夫)とある。ただし「けしき」であって「しき」ではない。兼好の勘違いか?

メモ

■言葉の考証
■建礼門院右京大夫集 
■三草山合戦
■案内・入口としての古典

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク