第百七十三段 小野小町が事

小野小町が事、きはめてさだかならず。衰へたるさまは、玉造と言ふ文(ふみ)に見えたり。この文、清行(きよゆき)が書けりといふ説あれど、高野大師(こうやのだいし)の御作(ごさく)の目録に入(い)れり。大師は承和(じょうわ)のはじめにかくれ給へり。小町が盛りなる事、その後の事にや、なほおぼつかなし。

口語訳

小野小町の事は、まるではっきりしない。衰えた様子は、玉造という書物に見えている。この書物は、三善清行が書いたという説があるが、弘法大師の著作の目録には入っている。大師は承和のはじめにお亡くなりになった。小町が女ざかりであったのは、その後のことであろうか。やはり、はっきりしない。

語句

■小野小町 平安初期の歌人。六歌仙の一人。『古今集』以下勅撰集に入集。たいへんな美女であったことと歌がうまかった以外は、具体的なことはわからない。 ■きはめて まことに。 ■玉造 『玉造小町壮衰書』落魄した美女のありさまを描いたもの。しかし主人公の衰えたかつての美女が、小町のことかははっきりしない。 ■清行 三善清行。参議。延喜18年(918年)没。72歳。博学で漢詩文の作者として知られる。または、阿部清行を当てる説も。 ■高野大師 弘法大師空海。真言宗の祖で、高野山に金剛峰寺を開いた。 ■承和のはじめ 承和二年(835年)3月21日。「承和」は仁明天皇の時代の年号。小町の出生は「820年から830年まての間」とされるので、空海が入寂した時まだ小町は少女であったはず。 ■御作の目録 弘法大師の著作の目録。 

メモ

■花の色はうつりにけりな
■頼朝のしゃれこうべ
■088 四条大納言

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク