第百七十四段 小鷹によき犬、大鷹に使ひぬれば

小鷹によき犬、大鷹に使ひぬれば、小鷹にわろくなるといふ。大につき小を捨つる理(ことわり)、誠にしかなり。人事(にんじ)多かる中に、道を楽しぶより気味深きはなし。これ、実(まこと)の大事なり。一び道を聞きて、これに志さん人、いづれのわざかすたれざらん。何事をか営まん。愚かなる人といふとも、賢き犬の心におとらんや。

口語訳

小鷹狩に適した犬を、大鷹狩に使ってしまうと、小鷹狩には向かなくなるという。大について小を捨てる道理は、まことにその通りである。人間の行いが多い中に、仏道に精進して充実を覚えることより味わい深いものはない。これこそ、人生で真に大事なことだ。ひとたび仏道を聞いて、これに志す人は、その他のあらゆる道をやめてしまい、何事も営まないだろう。愚かな人とはいっても、賢い犬の心よりは人間のそれは勝っているのだから。

語句

■小鷹 小鷹狩。はやぶさ・はいたかなどを使ってうずら・ひばりなどの小鳥を捕える。 ■大鷹 大鷹狩。雉などを捕える。 ■人事 人間の行うこと。 ■道を楽しぶ 仏道に精進して充実を覚える。 ■気味 味わい。 ■すたれざらん やめてしまわないだろうか。反語。

メモ

■独立するとサラリーマンには二度と戻りたくない
■たとえが強引か

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク