第百七十七段 鎌倉中書王にて、御毬ありけるに

鎌倉中書王(かまくらのちゅうしょおう)にて、御毬(おんまり)ありけるに、雨降りて後、いまだ庭の乾かざりければ、いかがせんと沙汰ありけるに、佐々木隠岐入道、鋸(のこぎり)の屑(くず)を車に積みて、多く奉りたりければ、一庭(ひとにわ)に敷かれて、泥土(でいど)のわづらひなかりけり。「とりためけん用意ありがたし」と、人感じあへりけり。

この事をある者の語り出(い)でたりしに、吉田中納言(よしだのちゅうなごん)の、「乾き砂子(すなご)の用意やはなかりける」とのたまひたりしかば、はづかしかりき。いみじとおもひける鋸の屑、賤しく、異様(ことよう)の事なり。庭の儀を奉行する人、乾き砂子を 設くるは、故実(こしつ)なりとぞ。

口語訳

鎌倉中書王の御所にて、御毬の会が開かれた時、雨が降った後、いまだ庭が乾かないので、どうしようと評議したところ、佐々木隠岐入道が、おがくずを車に積んで、多く献上したので、庭一面にお敷きになって、泥の心配がなくなった。「おがくずを取り集めておいた用意のほどは、稀に見る立派さだ」と、人々は感心しあった。

この事をある者が言い出した所、吉田中納言が、「乾いた砂の用意はなかったのか」とおっしゃったので、恥しくなった。すばらしいと思ったおがくずであるが、賤しく、異様な事であった。庭の整備に奉仕する人は、乾いた砂を用意しておくことは、昔からの作法であるということだ。

語句

■鎌倉中書王 後嵯峨天皇の第一皇子宗尊(むねたか)親王。一品中務卿(いっぽんなかつかさきょう)。鎌倉に招かれて六代将軍となったが、後に廃されて、晩年は出家。「中書」は中務の唐名。ここでは、中書王の御所をさす。 ■御毬 蹴毬(しゅうきく)の会。親王は愛好者だった。 ■沙汰 評議。【2/1】 ■佐々木隠岐入道 佐々木政義。隠岐守義清の長男で幕府の近臣。建長2年(1250年)出家。 ■鋸の屑 おがくず。 ■ありがたし まれに見る立派さだ。 ■吉田中納言 未詳。 ■庭の儀 庭の整備。 ■奉行 奉仕。 ■故実 こしつ。昔からの作法やしきたり。慣習。

メモ

●鎌倉中書王「親王将軍」
●ビルの清掃 掃除機

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク