第百七十八段 或所の侍ども、内侍所の御神楽を見て

或所の侍(さぶらい)ども、内侍所(ないしどころ)の御神楽(みかぐら)を見て、人に語るとて、「宝剣をばその人ぞ持ち給ひつる」などいふを聞きて、内なる女房の中(なか)に、「別殿(べちでん)の行幸(ぎょうごう)には、昼御座(ひのござ)の御剣(ぎょけん)にてこそあれ」と、しのびやかに言ひたりし、心にくかりき。その人、古き典侍(ないしのすけ)なりけるとかや。

口語訳

ある所の侍たちが、宮中の内侍所の御神楽を見て、人に語るのに、「宝剣(三種の神器の一つ・草薙の剣)を、あの人がお持ちだったぞ」など言うのを聞いて、御簾の内の女房の中の一人が、「別殿へ行幸なさる時は、(宝剣ではなく)昼御座(ひのござ)の御剣をお持たせになりますものを」と、ひそかに言っていたのは、奥ゆかしかった。その人は古参の典侍(ないしのすけ)であったとかいうことだ。

語句

■内侍所 宮中の、神鏡(八咫鏡)を保管しておく温明殿(うんめいでん)の別称。 ■御神楽 内侍所の庭前で毎年12月に行われる神楽。 ■宝剣 三種の神器の一つ草薙の剣。平家滅亡の時二位尼時子が抱いて海に沈み、失われた。以後はかわりの宝剣が使われている。宮中の夜御殿(天皇の御寝所)に安置される。 ■内なる女房 御簾のうちにいた女房。 ■その人 某のお方。 ■別殿 本殿である清涼殿以外の殿舎。 ■昼御座の御剣 「昼御座」は清涼殿の昼の御座。ふだん天皇がいらっしゃる所。そこに置いてある剣。 ■しのびやかに ひそかに。控えめに。間違っているからといって相手をあげつらう感じではなく。 ■典侍 内侍司の次官。尚侍(ないしのかみ)に次ぐ。「てんじ」とも。

メモ

●相手が間違っているのだが、だからといってことさら非難するでもなく、ひそかに言った所に、兼好は奥ゆかしさを感じた。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク