第百七十九段 入宋の沙門、道眼上人、一切経を持来して

入宋(にっそう)の沙門(しゃもん)、道眼上人(どうげんしょうにん)、一切経を持来(じらい)して、六波羅のあたり、やけ野といふ所に安置(あんぢ)して、ことに首楞厳経(しゅりょうごんきょう)を講じて、那蘭陀寺(ならんだじ)と号(こう)す。その聖(ひじり)申されしは、「那蘭陀寺は大門北向きなりと、江師(ごうそつ)の説とて言ひ伝へたれど、西域伝(さいいきでん)・法顕伝(ほっけんでん)などにも見えず、更に所見なし。江師は如何(いか)なる才学(さいかく)にてか申されけん、覚束(おぼつか)なし。唐土(とうど)の西明寺(さいみょうじ)は北向き勿論なり」と申しき。

口語訳

宋(実は元)へ渡航した道眼上人が一切経を持ち帰って、六波羅のあたり、やけ野という所に安置して、ことに首楞厳経(しゅりょうごんきょう)の講義を行って、那蘭陀寺(ならんだじ)と号した。その聖(道眼上人)が申されたことに「インドの那蘭陀寺は大門が北向きであると江師(大江匡房)の説といって言い伝えられているが、『大唐西域伝』『法顕伝』などにも見えず、どの文献にもまったく記載が無い。江師はどんな学識によってこのように申されたのか。はっきりしない。中国の西明寺は大門が北向きであることはもちろんだ。

語句

■入宋の 宋へ渡航した。宋の滅亡後、元になってからも言う。 ■沙門 出家者の総称。 ■道眼上人 延慶2年(1309)年ごろ元に渡った禅僧。詳細不明。 ■一切経 7000巻ある。あらゆる分野の経典をまとめ分類したもの。 ■やけ野 詳細不明。七条大橋を東へ渡った北側にあったという。 ■首楞厳経 『大仏頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経』の略。禅の根本を説く十巻の経典。 ■那蘭陀寺 未詳。インドの那蘭陀寺はマガダ国の首都王舎城の北にあった。五世紀の創建。インド仏教の中心地として栄えた。 ■大門 寺院正面の総門。ふつうは南向きで南大門といわれる。 ■江師 大江匡房(1041-1111)正二位権中納言大宰権師。博学・多芸で知られる。歌人としても有名。百人一首に「高砂の尾上の桜咲きにけり外山の霞たたずもあらなむ」を採られている。 ■西域伝 『大唐西域記』。十二巻。唐の玄奘三蔵のインド・西域旅行記。 ■法顕伝 一巻。東晋の法顕三蔵がインド・西域を旅行した記録。 ■さらに所見なし 文献にまったく見えない。 ■才学 学識。 ■西明寺 唐の高宗が、玄上三蔵に命じて建てた寺。インドの祇園精舎を模している。さらにこの西明寺を模して奈良の大安寺が建てられたという。

メモ

■引用された大江匡房の「大門を北に」の話は、藤原頼通の質問に答えたもの。頼通は平等院の建立にあたって、地形上どうしても大門を北向きにせざるを得なかった。そこで博学で知られる大江匡房に質問した。すると匡房は答えた。インドの那蘭陀寺、中国の西明寺、日本の六波羅蜜寺の三つは大門が北向きですと。しかし、いずれも文献による裏付けが無い。頼通を安心させるために言ったものか。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク