第百八十段 さぎちやうは

さぎちやうは、正月に打ちたる毬杖(ぎちょう)を、真言院より神泉苑(しんぜんえん)へ出(いだ)して、焼きあぐるなり。「法成就の池にこそ」とはやすは、神泉苑の池をいふなり。

口語訳

さぎちょうは、正月に打った毬杖(木製の毬を付くための杖)を、真言院から神泉苑へ出して、焼き上げる行事である。「法成就の池にこそ」と囃詞を言うのは、空海が神泉苑で祈って雨をふらせた故事にのっとり、神泉苑の池のことをいうのだ。

語句

■さぎちやう 「左義長」「三毬杖」などと書くが語源は不明。宮中で正月の十五日夕刻と十八日早朝に行われた。 ■毬杖 木製の毬を打つために使う杖。 ■真言院 大内裏の八省院の北にあった。密教の修法が行われた。 ■神泉苑 大内裏南にあった禁制の園。代々の天皇や貴族が舟遊びなどを楽しんだ。徳川家康の二条城造営によって削られ、現在は二条城南に小さく残る。 ■法成就 焼く時のはやし言葉。神泉苑で空海が雨乞いの祈願(祈雨)をささげ雨をふらせた故事による。

メモ

●どんどん焼きの思い出。モチがおいしい。
●近江八幡の日牟禮(ひむれ)八幡宮

関連

神泉苑 京都最古の庭園を歩く
神泉苑を歩いたレポートです。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク