第百八十二段 四条大納言隆親卿、乾鮭といふものを

四条大納言隆親卿、乾鮭といふものを、供御(ぐご)に参らせられたりけるを、「かくあやしき物、参るやうあらじ」と、人の申しけるを聞きて、大納言、「鮭といふ魚(うお)、参らぬ事にてあらんにこそあれ。鮭のしらぼし、南条(なんじょう)事かあらん、鮎のしらぼしは、参らぬかは」と申されけり。

口語訳

四条大納言隆親卿が、乾した鮭を、天皇のお食事として差し上げたところ、「このような賤しい物を差し上げる法があるものか」と、人の申したのを聞いて、大納言、「鮭という魚を差し上げないことに決まってるならともかく。乾した鮭に、何の問題があろうか。鮎の乾したのは差し上げないのか(差し上げるだろう。ならば、鮭を差し上げてもよいわけだ)。

語句

■四条大納言隆親卿 藤原隆親(1203-1279)。藤原隆衡の子。四条流の包丁の家に生まれ、料理の専門家だった。 ■乾鮭 はらわたを取って干した鮭。 ■供御 天皇のお食事。 ■参らぬことにてあらんにこそあれ 差し上げないことに決まっているならともかく。「あれ」は前の「かくあやしき物、参るやうあらじ」を指す。 ■しらぼし 塩をつけずそのまま乾燥させた食物。 ■何条 「何といふ」の略。何ということ。 ■

メモ

■料理の専門家である大納言が、人にケチつけられたのを機転によって切り返した話。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク