第百八十三段 人突く牛をば角を切り

人突く牛をば角を切り、人食ふ馬をば耳を切りて、そのしるしとす。しるしをつけずして人をやぶらせぬるは、主の咎(とが)なり。人食ふ犬をば養ひ飼ふべからず。これ皆咎あり。律の禁(いましめ)なり。

口語訳

人を突く牛は角を切り、人食う馬は耳を切って、そのしるしとする。しるしをつけずに人を傷つけるのは、飼い主の罪である。人食う犬を養い飼ってはならない。これらは皆罪のあることである。律で禁止されていることだ。

語句

■人突く牛をば 『養老令』による。 ■人食ふ犬をば 『養老律』による。 ■やぶる 傷つける。 ■律 古代の法である「律令」における、刑法。

メモ

●動物関係で、何かよほどヒドイ目にあったのか?

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク