第百八十四段 相模守時頼の母は

相模守時頼の母は、松下禅尼(まつのしたのぜんに)とぞ申しける。守(かみ)を入れ申さるる事ありけるに、すすけたる明り障子のやぶればかりを、禅尼手づから、小刀して切りまはしつつ張られければ、兄(しょうと)の城介義景(じょうのすけよしかげ)、その日のけいめいして候ひけるが、「給はりて、なにがし男(おのこ)に張らせ候はん。さやうの事に心得たる者に候ふ」と申されければ、「その男(おのこ)、尼が細工によもまさり侍らじ」とて、なほ一間(ひとま)づつ張られけるを、義景、「皆を張りかへ候はんは、はるかにたやすく候ふべし、まだらに候ふも見苦しくや」とかさねて申されければ、「尼も、後はさはさはと張りかへんと思へども、今日ばかりは、わざとかくてあるべきなり。物は破れたる所ばかりを修理(しゅり)して用ゐる事ぞと、若き人に見ならはせて、心づけんためなり」と申されける、いとありがたかりけり。

世を治むる道、倹約を本(もと)とす。女性(にょしょう)なれども聖人の心にかよへり。天下を保つ程の人を、子にて持たれける、誠に、ただ人にはあらざりけるとぞ。

口語訳

相模守北条時頼の母は、松下禅尼と申しました。相模守を屋敷に招き入れ申し上げる事があった時、すすけた障子の破れた所だけを、禅尼が手づから、小刀であちこち切っては張っていたので、兄の城介義景(じょうのすけよしかげ)が、その日の接待のために立ち働いていたが、「(障子を)お預かりして、なにがし男に張らせましょう。そのような事に心得のある者でございます」と申されましたところ、「その男が、この尼 よりも手仕事がうまいということはございますまい」といって、やはり一こまずつお張りになるのを、義景、「全部張り替えましたほうが、はるかにたやすくございます、まだらになりますのも、見苦しくはございませんか」と重ねて申されたところ、「尼も、後にはさっぱり張り替えようと思うけれど、今日だけは、わざとこのようにしておくべきなのです。物を破れた所だけを修繕して使うべきぞと、若い人に見習わせて、覚えさせるためです」と申された。まことに殊勝なことであった。

世を治める道は、倹約が根本である。女性といっても、聖人の心に通うものがある。天下を保つほどの人を、息子としてお持ちになっているのは、誠に、普通の人ではなかったということである。

語句

■相模守時頼 五代執権北条時頼。寛元4年(1246年)執権。30歳で引退。出家して道崇と称した。諸国漫遊の伝説で有名。 ■松下禅尼 北条経時・時頼の母。北条時氏の妻。秋田城介景盛の娘。 ■入れ申さるる 招き入れ申し上げられる。 ■明かり障子 現在の「障子」。当時は部屋を仕切るもの一般を「障子」といったので、それと区別して特に「明かり障子」という。 ■切りまはしつつ あちこち切り取っては。「まはす」は何か所も切っている様子。「つつ」は動作の反復・継続をあらわす接続助詞。 ■城介義景 安達義景(1210-1253)。「城介」は秋田城の介(次官)。出羽介が兼任。安達景盛の子。 ■けいめい 客を接待して立ち働くこと。「経営」の変化と思われる。 ■細工 こまごました手仕事。 ■一間 障子の一こま。 ■さはさはと さっぱりと。 ■心づけん 注意する。気づかせる。 ■ありがたかりけり 世にもまれなこと。殊勝なこと。であった。 ■本 基本・根本。 

メモ

●音声も、安易にぜんぶ差し替えようとはするまい。
●北条時頼。鉢の木

関連

五代執権 北条時頼
三代執権北条泰時の死から五代執権時頼の就任まで語っています。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク