第百八十五段 城陸奥守泰盛は、さうなき馬乗りなりけり

城陸奥守(じょうのむつのかみ)泰盛(やすもり)は、さうなき馬乗りなりけり。馬を引き出(いだ)させけるに、足をそろへて閾(しきみ)をゆらりと越ゆるを見ては、「是(これ)は勇める馬なり」とて、鞍を置きかへさせけり。又、足を伸べて閾(しきみ)に蹴あてぬれば、「是(これ)は鈍くして、あやまちあるべし」とて、乗らざりけり。道を知らざらん人、かばかり恐れなんや。

口語訳

城陸奥守(じょうのむつのかみ)泰盛(やすもり)は、比類なき馬乗りである。馬を引き出させる時、足をそろえて敷居をゆらりと越えるのを見ては、「これは気の荒い馬である」といって、鞍を置き換えさせた。また、足をのばして敷居に蹴り当てると、「これは鈍感で、間違いがあるに違いない」といって、乗らなかった。道を知らない人は、こんなにも恐れるだろうか。

語句

■城陸奥守泰盛 安達泰盛。前段の義景の三男。父の跡をついで秋田城介となり、後に陸奥守を兼任。弘安八年(1285年)十一月の霜月騒動で、一族もろとも執権北条貞時に滅ぼされた。 ■閾 敷居。家屋の入り口などに敷く横木。 ■勇める 気の荒い。

メモ

■霜月騒動

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク