第百八十六段 吉田と申す馬乗り

吉田と申す馬乗りの申し侍りしは、「馬ごとにこはきものなり。人の力、あらそふべからずと知るべし。乗るべき馬をば、まづよく見て、強き所、弱き所を知るべし。次に、轡・鞍の具に、危き事やあると見て、心にかかる事あらば、その馬を馳すべからず。この用意を忘れざるを馬乗りとは申すなり。これ秘蔵(ひそう)の事なり」と申しき。

口語訳

吉田と申す馬乗りの申しましたのは、「馬ごとに手ごわいものだ。人の力で争ってはならないと知るべきだ。乗るべき馬をば、まづよく見て、強い所、弱い所を知るべきです。次に、轡・鞍の具に、危ない所が無いだろうかと見て、気になる所があれば、その馬を走らせてはならない。この用意を忘れない者を馬乗りと申すのだ。これが馬に乗る秘訣だ」と申しました。

語句

■吉田 伝未詳。 ■こはきもの 手ごわいもの。 ■轡 馬の口にかませる金具。これに手綱をかける。 ■秘蔵 秘訣。近世中期まで清音で読んだ。

メモ

■畠山重忠が馬かついで一の谷で駆け下りた話は、卒倒もん

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク