第百八十七段 よろづの道の人、たとひ不堪なりといへども

よろづの道の人、たとひ不堪(ふかん)なりといへども、堪能(かんのう)の非家(ひか)の人にならぶ時、必ず勝る事は、たゆみなく慎みて軽々(かろがろ)しくせぬと、ひとへに自由なるとの等しからぬなり。

芸能・所作のみにあらず、大方のふるまひ・心づかひも、愚かにして慎めるは得(とく)の本(もと)なり。巧みにしてほしきままなるは、失(しつ)の本(もと)なり。

口語訳

あらゆる道の専門の人は、たとえ未熟であっても、巧みな専門外の素人と並んだ時、必ず勝っている事は、たゆみなく慎重にやって軽々しく行わないのと、ひたすら好き放題にやることが等しくないということである。

芸能や所作のみの話ではない。大方のふるまい、心配りにおいても、愚鈍であっても慎重にやるのは、成功の元である。巧みでも好き放題にやるのは失敗の元である。

語句

■不堪 未熟・不器用。 ■堪能 巧みであること。 ■非家の人 専門外の人。 ■慎みて 慎重にして。 ■得の本 成功の元。下の「失の本」と対応する。

メモ

●素人がプロにアドバイスするなど、噴飯ものだが、やる者がなんと多いことか。
●特に「専門性」が外から見えにくい、デザインやマーケィングという分野において、素人がしゃしゃり出る例がよく見られる。
●学校教育は誰もが一度は受けているので、自分は教育について発言する権利があると思っているが、大きな間違い。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク