第百八十九段 今日は、その事をなさんと思へど

今日は、その事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先(ま)づ出で来て、まぎれ暮し、待つ人は障り有りて、頼めぬ人は来(きた)り、頼みたる方の事は違(たが)ひて、思ひよらぬ道ばかりはかなひぬ。わづらはしかりつる事はことなくて、やすかるべき事はいと心苦し。日々に過ぎ行くさま、かねて思ひつるには似ず。一年(ひととせ)の中(うち)もかくの如し。一生の間も又しかなり。

かねてのあらまし、皆違(たが)ひゆくかと思ふに、おのづから違はぬ事もあれば、いよいよ物は定めがたし。不定(ふじょう)と心得ぬるのみ、実(まこと)にて違はず。

口語訳

今日は、その事をしようと思っていても、予想もしなかった急ぎの用が先に出てきて、まぎれているうちに一日が過ぎて、待っていた人は支障があって来れなくなり、期待もしていない人が来て、頼みにしていた方面の事はうまく行かず、思いもよらぬ方面のことだけはかなえられる。面倒と思っていたことはすんなり行き、簡単だと思っていたことが面倒となる。日々に過ぎ行くさまは、かねて思っていた通りにはいかない。一年の中もこのようなものである。一生の間もまた同じである。

かねての計画が、皆うまくいかないと思うと、時にはうまくいく事もあるので、いよいよ物事は定めがたい。すべての事は不確かで定めが無いと心得ておくことだけが、真実であって間違いが無い。

語句

■頼めぬ人 来ることを期待していない人。 ■道 方面。 ■心苦し めんどうである。 ■しかなり そのとおりである。 ■あらまし 予測。計測。 ■おのづから たまたま。たまには。時には。 ■不定 不確かである。定めが無い。 ■実にて 真実であって。

メモ

●勉強や仕事の計画は必ず狂うので、狂うことを考えて計算に入れて予定を組む。
●突然の遊びのさそいは、極力断らなければならない。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク