第百九十段 妻といふものこそ

妻(め)といふものこそ、男(おのこ)の持つまじきものなれ。「いつも独(ひと)り住みにて」など聞くこそ、心にくけれ、「誰(たれ)がしが婿になりぬ」とも、又、「如何(いか)なる女を取りすゑて、相住む」など聞きつれば、無下に心おとりせらるるわざなり。ことなる事なき女をよしと思ひ定めてこそ添ひたらめと、賤しくもおしはかられ、よき女ならば、この男をぞらうたくして、あが仏とまもりゐぬらめ、たとへば、さばかりにこそと覚えぬべし。まして、家のうちをおこなひをさめたる女、いと口惜し。子など出(い)で来て、かしづき愛したる、心憂し。男なくなりて後、尼になりて年よりたるありさま、なき跡まであさまし。

いかなる女なりとも、明暮(あけくれ)添ひ見んには、いと心づきなく、にくかりなん。女のためにも半空(なかぞら)にこそならめ。よそながら、ときどき通ひ住まんこそ、年月へても絶えぬなからひともならめ。あからさまに来て、泊り居などせんは、めづらしかりぬべし。

口語訳

妻というものは、男が持ってはいけないものである。「いつも独り住みで」など聞くのこそ、奥ゆかしく思い、「誰それの婿になった」とも、また「これこれの女を迎え入れて一緒に住んでいる」など聞いたら、まったくがっかりさせられることである。

たいした事の無い女をいいと思いこんで一緒にいるのだろうと、下品にも思われ、いい女ならば、この男のことを愛しく思って、わが仏と大切にしているのだろう、言ってみれば、(いい女といっても所詮その程度のものさと)思われるに違いない。

まして、家の内の仕事を切りまわしている女は、たいへん嫌なものだ。子など生まれて、大切に可愛がっているのは、残念なものだ。男が死んで後、尼になって年を取っていく様子は、男が死んだ後まで、呆れかえる。

どんな女であっても、朝晩連れ添って見ていると、たいそう気に食わず、憎たらしくなるだろう。女のためにも、不安定で中途半端なことになろう。よそに住んでいて、時々通い住むのが、年月を経ても絶えない間柄ともなるだろう。

不意に訪ねて来て、泊まっていくのなどは、新鮮な気分がするに違いない。

語句

■如何なる女 これこれの女 ■取りすゑて 迎え入れて。家に連れ込んで。 ■心おとりせらるる がっかりさせられる。 ■賤しくも 下品にも。 ■この男をぞ 正徹本にはこの部分が無い。 ■らうたくして いとしく思って。 ■あが仏 自分が特に信仰している仏。転じて、配偶者を敬って言う表現。 ■まもりゐる 大切にする。 ■たとえば たとえて言えば。言ってみれば。 ■さばかりにこそ 「さばかりにこそあらめ」の略。「よき女」といっても、しょせんその程度のものだ、というニュアンス。 ■覚えぬべし 思われることだろう。そのような体験は無いが、確実にそう思われる。 ■おこなひおさめたる きちんと切り回している。「行う」は順序・規則にしたがって物事をする。「治める」は安定した状態にする。 ■かしづき愛したる 大切に養育している。 ■心づきなく 気に食わなく。 ■半空 不安定で中途半端なさま。 ■よそながら よそに住んでいて。 ■なからひ 「仲ら合ひ」。縁。関係。間柄。 ■あからさまに 不意に。突然。 ■めずらしかりぬべし 新鮮な感じがするに違いない。

メモ

■フェミニスト発狂

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク