第百九十一段 夜に入りて物のはえなしといふ人

「夜に入りて物のはえなし」といふ人、いと口惜し。万(よろづ)のものの綺羅・飾り・色ふしも、夜のみこそめでたけれ。昼は、ことそぎ、およすげたる姿にてもありなん。夜は、きららかに、はなやかなる装束、いとよし。人の気色(けしき)も、夜のほかげぞ、よきはよく、もの言ひたる声も、暗くて聞きたる、用意ある、心にくし。匂ひも、ものの音(ね)も、ただ夜ぞ、ひときはめでたき。

さしてことなる事なき夜(よ)、うち更けて参れる人の、清げなるさましたる、いとよし。若きどち、心とどめて見る人は、時をも分かぬものなれば、ことに、うち解けぬべき折節ぞ、褻(け)・晴なく、ひきつくろはまほしき。よき男の日暮れてゆするし、女も、夜更くる程にすべりつつ、鏡とりて、顔などつくろひて出づるこそをかしけれ。

口語訳

「夜に入ると物の見栄えがしない」と言う人は、たいへん残念である。あらゆる物の美しさ・装飾のさまや・晴れの場面なども、夜が一番すばらしく見えるものだ。昼は簡素で、地味な姿をしていてもよかろう。夜は、きらびやかに、華やかな衣装が、大変よい。

人の感じも、夜の燈火に映った姿が、立派な人はいよいよ立派に見え、物言う声も、暗い中で聞く声で、つつしみのある声が、奥ゆかしい。楽器の音も、夜こそ、ひたすらに素晴らしい。

これといった事も無い夜、夜更けに参った人が、清楚な様子をしているのは、大変よい。若い者同士、お互いに気をつけて相手を見る人は、時に関わらず相手を見るものだから、ことに、気を許してしまいそうな時こそ、日常の場か、公式に場かに関係なく、身だしなみは整えたいものだ。

いい男が、日が暮れてから髪を濡らして調え、女も、夜が更ける頃そっと退出して、鏡を取って顔などつくろって再び座に戻るのは、趣深い。

語句

■はえなし 見映えがしない。 ■綺羅 綾絹とうすものの意から、美しさ。華やかさ。 ■飾り 装飾。 ■色ふし 晴れがましいこと。行事。 ■ことそぎ 「ことそぐ」は「事削ぐ」。簡素であること。 ■およすげたる 老人じみている。地味である。 ■きららかに きらびやかに。 ■夜のほかげ 夜の燈火に照らされた姿。 ■気色 様子。 ■きわよく 立派な人はますます立派に感じられ。 ■用意ある たしなみがある。前の「暗くて聞きたる」と並列関係で「声」にかかる。 ■ものの音 楽器の音。 ■清げなるさま 清楚なさま。 ■若きどち 若い者同士。 ■心とどめて 気をつけて。 ■時をも分かぬ 時に関わらず(お互いに相手を見る)。 ■うち解けぬべき折節 気を許してしまいそうな時。 ■褻・晴 「褻」は日常・個人的な場面。「晴」は公式の場。 ■ひきつくろふ 身だしなみを調える。 ■ゆする 髪を洗うこと。 ■すべる そっと退座する。 ■出づる 元の座に戻ること。

メモ

■夜の電車の窓に映った顔

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク