第百九十三段 くらき人の、人をはかりて

くらき人の、人をはかりて、その智を知れりと思はん、さらにあたるべからず。

つたなき人の、碁うつ事ばかりにさとく巧みなるは、かしこき人の、この芸におろかなるを見て、己が智に及ばずと定めて、万(よろづ)の道の匠(たくみ)、我が道を人の知らざるを見て、己すぐれたりと思はん事、大きなる誤りなるべし。文字(もんじ)の法師、暗証(あんしょう)の禅師(ぜんじ)、たがひにはかりて、己にしかずと思へる、ともにあたらず。

己が境界(きょうがい)にあらざるものをば、あらそふべからず、是非(ぜひ)すべからず。

口語訳

道理に暗い人が、人をおしはかって、その智慧を知ったと思うのは、まったく当たっていないに違いない。

凡庸な人で、碁を打つことばかりに頭が働き巧みである人が、賢い人が、この芸が下手なのを見て、自分の知恵に及ばないと決めてかかったり、あらゆる道の専門の職人が、自分の道を人が知らないのを見て、自分がすぐれていると思う事は、大きな間違いであろう。教理に明るく修行を軽んじる僧と、座禅ばかり組んで教理に暗い僧とが、たがいに相手をおしはかって、自分に及ばないと思うのは、どちらも当たっていない。

自分の領域に無いものを、争うべきではない。良し悪しを言うべきではない。

語句

■くらき人 道理に暗い人。 ■はかりて 推し量って。 ■つたなき人 凡庸な人。 ■万の道の匠 あらゆる方面の専門の職人。 ■文字の法師 仏典の注釈や研究を主にして実践を軽んじている法師。 ■暗証の禅師 座禅を主にして教理に暗い僧。

メモ

■面接官に人を見るほどの眼力は、無い。面接官にもっとも必要なのは、謙虚さである。
■電車の中で読書スピード
■ネット上の批判

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク