第百九十八段 揚名介にかぎらず

揚名介(ようめいのすけ)にかぎらず、揚名目(ようめいのさかん)といふものもあり。政治要略(せいじようりゃく)にあり。

口語訳

揚名という用語は、介(次官)に限らず、揚名目(ようめいのさかん。四等官)というものもある。政治要略にある。

語句

■揚名介 名前だけで、実務も俸給も無い介(国司の次官)。「目(さかん)」は国司の四等官。 ■政治要略 百三十巻。惟宗允亮(これむねのまさすけ)による法制書。『源氏物語』夕顔に出る難読語として知られる。

メモ

■「はあ」としか…

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク