第百九十九段 横川行宣法印が申し侍りしは

横川行宣法印(よかわのぎょうせんほういん)が申し侍りしは、「唐土(とうど)は呂(りょ)の国なり。律の音(おん)なし。和国(わこく)は単律の国にて、呂の音なし」と申しき。

口語訳

横川行宣法印が申しましたことには、「中国は呂音の国である。律の音は無い。日本は律音のみの国であって、呂の音は無い」と申した。

語句

■横川行宣法印 伝未詳。「横川」は比叡山三塔(東塔・西塔・横川)の一つ。 ■呂 雅楽の音階の一つで、理性的的であるという。 ■律 雅楽の音階の一つで、感情的であるという。 

メモ

●「はあ…」という考証的章段続く。
●大原三千院のそばに呂川(りょせん)・律川(りつせん)。「呂律(ろれつ)が回らない」

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク