第二百段 呉竹は葉細く、河竹は葉広し

呉竹は葉細く、河竹は葉広し。御溝(みかわ)に近きは河竹、仁寿殿(じじゅうでん)のかたに寄りて植ゑられたるは呉竹なり。

口語訳

呉竹は葉が細く、河竹は葉が広い。清涼殿の前の御溝水(みかわみず)に近いのは河竹、仁寿殿(じじゅうでん)のほうに寄って植えられているのは呉竹である。

語句

■呉竹 中国渡来の淡竹(はちく)の異名。 ■河竹 女竹(めだけ)・苦竹かと見られるが、未詳。 ■御溝 みかわ。「御溝水(みわかみず)」の略。清涼殿の前の庭を流れる溝水。 ■仁寿殿 紫宸殿の北。清涼殿の東の殿舎。

メモ

●清涼殿のまわりに植えられた二種類の竹の区別を論じた。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク