第二百三段 勅勘の所に靫かくる作法

勅勘(ちょっかん)の所に靫(ゆぎ1)かくる作法、今はたえて知れる人もなし。主上(しゅしょう)の御悩(ごのう)、大方(おおかた)、世中(よのなか)の騒がしき時は、五条の天神に靫をかけらる。鞍馬にゆぎの明神といふも、靫かけられたりける神なり。看督長(かどのおさ)の負ひたる靫を、その家にかけられぬれば、人出(い)で入らず。この事絶えて後、今の世には、封を作る子とになりにけり。

口語訳

勅命により謹慎処分を受けた人の所に靫(ゆぎ)をかける作法は、今はまったく知る人もいない。天皇の御病気、大方、疫病の流行などで世の中が不安定な時は、五条の天神に靫をおかけになる。鞍馬の由岐の明神というのも、靫をおかけになった神社である。看督長(かどのおさ)…検非違使の下級役人の背中にしょった靫を、その家におかけになると、その家には人が出入りしなくなる。この習慣が途絶えて以降、今の世には、門に封印をすることになったのだ。

語句

■勅勘 勅命によって謹慎処分を受けること。 ■靫 「ゆき」または「ゆぎ」。矢を入れる細長い箱。勅勘をこうむった人の家の門の上にかけた。 ■御悩 御病気。 ■世の中のさわがしき時 世の中が不安定な時。ここでは五条の天神の関係から、疫病の流行を特に言っていると思われる。 ■五条の天神 五条南・西洞院東に位置する。現在は規模を小さくして京都市下京区松原通西洞院西入に残る。 ■ゆぎの明神 京都市左京区鞍馬山にある鞍馬寺の鎮守社・由岐神社。疫病の神とされる。 ■看督長 検非違使庁の下級の役人。 ■封をつくる 門や扉に封印をする。具体的なやり方は不明。

メモ

●靫
●鞍馬の由岐神社
●古いものなら何でもいいって感じ

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク