第二百四段 犯人を笞にて打つ時は

犯人(ぼんにん)を笞(しもと)にて打つ時は、拷器(ごうき)に寄せて結ひつくるなり。拷器の様(よう)も、寄する作法も、今はわきまへ知れる人なしとぞ。

口語訳

罪人を鞭で打つ時は、拷問器具に引き寄せて縛りつけるのである。拷問器具のありさまも、引き寄せる方法も、今はわきまえ知る人はいないという。

語句

■犯人 罪人。 ■笞 しもと。細い木の枝の鞭。 ■拷器 拷問に用いる器具。木に罪人をしばりつけた。

メモ

■考証的章段続く。
■滅びゆく律令制への憧憬。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク