第二百五段 比叡山に、大師勧請の起請といふ事は

比叡山(ひえのやま)に、大師勧請(だいしかんじょう)の起請(きしょう)といふ事は、慈恵僧正書き始め給ひけるなり。起請文(きしょうもん)といふ事、法曹(ほうそう)にはその沙汰なし。いにしへの聖代(せいだい)、すべて起請文につきておこなはるる政(まつりごと)はなきを、近代、この事流布したるなり。

又、法令(ほうりょう)には、水火(すいか)に穢(けが)れをたてず。入物(いれもの)には穢れあるべし。

口語訳

比叡山で、伝教大師の御霊をお招きして誓いを立てる起請ということは、慈恵僧正が書き始められたことである。神仏に誓いを立てる起請文という事は、法律の家では取り扱わない。昔の聖天子の御代には、万事にわたって、起請文の形式で行われる政治はなかったのに、近代、この事が一般に広まったのである。

また、法律・政令には、水と火に穢れを認めない。しかし入れ物には穢れがあるに違いない。

語句

■大師勧請の起請 「大師」は伝教大師最澄。延暦寺開祖。「勧請」は神仏においでになるよう願うこと。ここでは伝教大師を神格化して招き願っている。「起請」は神仏に誓った文書。約束を破った時は罰を受ける前提で記す。 ■慈恵僧正 良源(912-985)。第18代天台座主。延暦寺中興の祖。弟子に増賀・源信がいる。 ■法曹 法務・法学にたずさわる者・家。 ■沙汰 取り扱い。 ■いにしへの聖代 昔の聖天子が治めた御代。 ■起請文につきて 起請文の形式によって。 ■法令 法律・政令。 ■水火に穢れをたてず 水と火には穢れを認めない?このあたり文意がはっきりしない。 

メモ

■後半、文意不明。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク