第二百六段 徳大寺右大臣殿、検非違使の別当の時

徳大寺右大臣殿(とくだいじのうだいじんどの)、検非違使(けんびいし)の別当(べっとう)の時、中門(ちゅうもん)にて使庁(しちょう)の評定おこなはれける程に、官人章兼(かんにんあきかぬ)が牛はなれて、庁のうちへ入りて、大理の座のはまゆかの上にのぼりて、にれうちかみて臥したりけり。重き怪異(けい)なりとて、牛を陰陽師(おんようじ)のもとへつかはすべきよし、各(おのおの)申しけるを、父の相国聞き給ひて、「牛に分別なし。足あれば、いづくへかのぼらざらん。尩弱(おうじゃく)の官人(かんにん)、たまたま出仕の微牛(びぎゅう)を取らるべきやうなし」とて、牛をば主に返して、臥したりける畳をば換(か)へられにけり。あへて凶事なかりけるとなん。

「怪しみを見て怪しまざる時は、怪しみかへりて破る」といへり。

口語訳

徳大寺の右大臣殿が、検非違使庁の長官であった時、中門の廊にて検非違使庁の評議が行われている間に、下級役人の章兼の牛が牛車からはずれて、庁舎の中に入って、長官がお座りになる大理の座の浜床の上に上って、食べ物を反芻して横になっていた。重大な異常事態であるとして、牛を陰陽師のもとにつかはすべきことを、各人が申したのを、長官の父である太政大臣がお聞きになって、「牛に分別は無い。足があれば、どこへでも行くだろう。力無い下級役人が、たまたま出仕した時に使った貧弱な牛を、取り上げられねばならない理由は無い」といって、牛を主人に返して、牛が臥した畳を取り換えられた。その後、まったく不吉なことはなかったという。

「怪しいことを見て怪しまない時は、怪しいことはかえって成り立たなくなる」と言われている。

語句

■徳大寺右大臣殿 藤原公孝(1253-1305)とするのが通説。しかし公孝の最終官位は太政大臣なので、「右大臣」とあるのは「故大臣」の間違いか。 ■中門 当時検非違使庁が置かれていた徳大寺家の中門の廊。中門の廊は、左右の対の屋から、釣殿に渡した渡殿。 ■使庁 検非違使庁の略。 ■評定 評議。 ■官人 下級の役人。 ■章兼 中原章兼。生没年未詳。当時左衛門少尉(さえもんのしょうじょう)。 ■大里 検非違使庁別当の唐名。 ■はまゆか 浜床。貴人の座所。三尺四方、高さ二尺ほどの座席を四つあわせて上に畳をしいた。 ■にれうちかみ 「にれかむ」に接頭語「うち」が中に入ったもの。食べ物を反芻する。 ■怪異 けい。異常事態。 ■陰陽師 陰陽寮に属し、陰陽五行説によって物事の吉凶をうらなった職員。 ■相国 太政大臣藤原実基(1201-1273)。相国は太政大臣の唐名。 ■尩弱(おうじゃく) 力の乏しいこと。 ■微牛 貧弱な牛。 ■あへて まったく。下の「なかり」を強調。 ■怪しみを見て怪しまざる時は 「怪を見て怪しまざれば、その怪自ら壊る}(宋の洪邁著『夷堅志』)。

メモ

■徳大寺実基の迷信にとらわれない合理性。二段続く。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク