第二百七段 亀山殿建てられんとて、地を引かれけるに

亀山殿建てられんとて、地を引かれけるに、大きなる蛇(くちなわ)、数も知らず凝り集りたる塚ありけり。この所の神なりといひて、ことのよしを申しければ、「いかがあるべき」と勅問(ちょくもん)ありけるに、「古くよりこの地を占めたる物ならば、さうなく掘り捨てられがたし」と皆人申されけるに、この大臣(おとど)一人、「王土にをらん虫、皇居を建てられんに、何のたたりをかなすべき。鬼神(きじん)はよこしまなし。咎むべからず。ただ皆掘り捨つべし」と申されたりければ、塚をくづして、蛇(くちなわ)をば大井河に流してげり。さらにたたりなかりけり。

口語訳

御嵯峨院の仙洞御所、亀山殿をお建てになるということで、地ならしをなさっていた時、大きな蛇が数も知らずたくさん密集して集まっている塚があった。この地の神であるということで、ことの次第を申し上げた所、「どうしたものか」とご下問あったので、「古くからこの地を占めている物であるなら、簡単に掘り捨てるのは難しい」と人は皆申されたところ、この大臣一人が、「天皇の統治なさる国土に棲む虫が、皇居を建てるのに、何の祟りをなすものか。鬼神は道理に反したことはしないものだ。気にすることはない。すべて皆掘り捨てるべきだ」と申されたので、塚を崩して、蛇を大井川に流してしまった。まったく祟りはなかった。

語句

■亀山殿 後嵯峨院が嵯峨に造営した仙洞御所。亀山上皇崩御後、荒廃。天竜寺はその跡地。第五十一段参照。 ■地を引く 地をならす。平らにする。 ■勅文 天皇(後嵯峨院)のご下問。 ■さうなく 「左右なく」。わけもなく。むやみに。 ■この大臣 前段登場の、太政大臣徳大寺実基。 ■王土 天皇が統治する国土。 ■鬼神はよこしまなし 鬼神は道理にはずれたことをしない。中世のことわざ。御伽草子『酒呑童子』、謡曲『大江山』などに見える。 ■咎むべからず 気にする必要は無い。 ■流してげりる 流してしまった。「てげり」は「てんげり」の撥音の無表記。「て」は完了の助動詞「つ」の連用形。「けり」は回想の助動詞。完了の意味を強める。 ■さらに まったく。

メモ

■徳大寺実基の迷信にとらわれない合理性。前段から二段連続。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク