第二百八段 経文などの紐を結ふに

経文などの紐を結ふに、上下(かみしも)よりたすきにちがへて、二筋(ふたすじ)の中より、わなの頭(かしら)を横さまに引き出(いだ)す事は、常の事なり。さやうにしたるをば、華厳院弘舜僧正(けごんいんのこうしゅんそうじょう)、解きてなほさせけり。「これはこの比(ごろ)やうの事なり。いとにくし。うるはしくは、ただくるくると巻きて、上(かみ)より下(しも)へ、わなの先をさしはさむべし」と申されけり。古き人にて、かやうの事知れる人になん侍りける。

口語訳

経文などの紐を結う時に、上と下から紐をたすき掛けにして、二筋の紐の中から、輪にした紐の先を横向きに引きだすことは、普通の事である。

そのようにしていたものを、華厳院弘舜僧正(けごんいんのこうしゅんそうじょう)は、解いてなおさせたのだ。「これは最近のやり方だ。とてもみっともない。正しくは、ただくるくると巻いて、上から下へ、輪にした紐の先をさしはさむべきだ」と申された。古老であって、このような事を知っている方でございました。

語句

■上下よりたすきにちがへて  上から斜め下へ、下から斜め上へ紐を走らせて、たすきがけにする意。 ■二筋 たすきがけにした二筋の紐。 ■わなの頭 紐の端を輪にしたもの。 ■横さまに 横の方へ。 ■華厳院 仁和寺の院家(別院)の一つ。 ■弘舜僧正 法印権大僧都公玄の子。生没年未詳。東寺一の長者。八十二段八十四段に見える弘融僧都の師。 ■うるはしくは 正式には。

メモ

■装飾を嫌い、単純・素直を愛する兼好の価値観にかなっている。シンプルイズベスト。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク