第二百十段 喚子鳥は春のものなりとばかり言ひて

「喚子鳥(よぶこどり)は春のものなり」とばかり言ひて、如何(いか)なる鳥とも、さだかに記せる物なし。ある真言書の中に、喚子鳥鳴く時、招魂(しょうこん)の法をばおこなふ次第あり。これは鵺(ぬえ)なり。万葉集の長歌(ながうた)に、「霞立つ長き春日(はるひ)の」などつづけたり。鵺鳥(ぬえどり)も喚子鳥のことざまに通ひて聞こゆ。

口語訳

「喚子鳥(よぶこどり)は春の風物である」とだけ言って、どんな鳥ともはっきり記した物は無い。ある真言書の中に、喚子鳥が鳴く時、亡者の魂を招いて供養する法を行うやり方がある。これは鵺(トラツグミ)のことである。万葉集の長歌に、「霞立つ長き春日の」などと歌われている。鵺鳥も喚子鳥の様子に似通っていると思われる。

語句

■喚子鳥 未詳。郭公説が有力。「古今集三鳥」と言われ、その正体は古今集の注釈中の秘事とされた。「をちこちのたづきも知らぬ山中におぼつかなくも呼子鳥かな」(『古今集』春上)。 ■真言書 真言密教の行法を記した書物。未詳。 ■招魂 亡者の魂を招いて供養する法。 ■次第 順序・方式。 ■鵺 トラツグミの別名。 ■万葉集の長歌 『万葉集』一「讃岐国(さぬきのくに)安益郡(あやのこおり)に幸(いでま)す時、軍王(いくさのおおきみ)山を見て作る歌」冒頭の「霞立つ 長き春日の 暮れにける わづきも知らず むらきもの 心を痛み 奴要子鳥(ぬえこどり) うらなけ居れば…」 ■つづけたり 言葉をつらねる。主に歌を詠む時に使う。 ■ことざま 様子。 ■通ひて 似通って。

メモ

■古今集中の秘説とされた「喚子鳥」という鳥についての考察。
■兼好は歌についてはトコトン追及しないでいられないらしい。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク