第二百十一段 よろづの事は頼むべからず

よろづの事は頼むべからず。愚かなる人は、深くものを頼むゆゑに、恨み怒る事あり。

勢ひありとて頼むべからず。こはきもの先(ま)づほろぶ。財(たから)多しとて頼むべからず。時の間(ま)に失ひやすし。才(ざえ)ありとて頼むべからず。孔子も時に遇(あ)はず。徳ありとて頼むべからず。顔回も不幸なりき。君の寵(ちょう)をも頼むべからず。誅(ちゅう)を受くる事速(すみや)かなり。奴(やっこ)従へりとて頼むべからず。背(そむ)き走る事あり。人の志をも頼むべからず。必ず変ず。約(やく)をも頼むべからず。信ある事すくなし。

身をも人をも頼まざれば、是なる時は喜び、非なる時は恨みず。左右(さう)広ければさはらず。前後遠ければ塞がらず。狭(せば)き時はひしげくだく。心を用ゐる事少(すこ)しきにしてきびしき時は、物に逆(さか)ひ、争ひて破る。ゆるくしてやはらかなる時は、一毛(いちもう)も損せず。

人は天地の霊なり。天地は限る所なし。人の性(しょう)なんぞことならん。寛大にして極まらざる時は、喜怒これにさはらずして、物のために煩(わずら)はず。

口語訳

あらゆる事は頼みにしてはならない。愚かな人は、深くものを頼みにするために、恨み怒る事がある。

権勢さかんであるからといって頼みにしてはならない。強い者がまず亡びる。財産が多いからといってと頼みにしてはならない。時とともに失いやすい。学問才覚があるからといって頼みにしてはならない。孔子も不遇だった。徳があるといって頼みにしてはならない。(孔子の一番弟子の)顔回も不幸だった。

君主の寵愛をも頼みにしてはならない。すぐに罰を負って殺されることになる。下僕が従っているからといって頼みにしてはならない。裏切りよそへ走る事がある。人の志をも頼みにしてはならない。必ず変わる。約束したことをも頼みにしてはならない。信義のある事は少ないのだ。

わが身も他人も頼まないとなると、うまくいっている時は喜び、うまくいかない時は恨まない。左右が広ければ差しさわりなく、前後が遠ければのびのびする。狭い時はつぶれ砕ける。相手に対する心配りが少なく厳格な時は、人と衝突し、争って身を損なう。ゆるやかで大らかな時は、毛の一本も損なうことはない。

人は天地の間で最も霊妙なものだ。天地には限りが無い。人の性質は、どうして天地のそれと異なろうか。寛大で極まり無い時は、喜びも怒りも人の心を乱さず、他人のために煩わされない。

語句

■勢 権勢。 ■こはきもの 強い者。 ■孔子も時にあはず 孔子も不遇であった。「時にあふ」は時流に乗る。用いられる。「孔子曰く、遇と不遇とは時なり。賢と不肖とは才なり。君子、博学深謀にして時に遇はざる者衆し。何ぞ独り丘のみならんや」(『孔子家語』)。 ■顔回 孔子にもっとも可愛がられた弟子。学問を好んだが32歳で夭折した。「哀公問う、弟子、孰(たれ)が学を好むと為す。孔子対(こた)えて曰わく、顔回なる者あり、学を好む。怒りを遷(うつ)さず、過ちを弐(ふた)たびせず。不幸、短命にして死せり。今や即ち亡し。未だ学を好む者を聞かざるなり」(『論語』雍也第六) ■誅を受くる事 罰を負って殺されること。 ■奴 下僕。 ■信 信義。 ■是なる時 うまくいっている時。 ■さはらず 差しさわりが無い。 ■ひしげくだく つぶれたり砕けたりする。 ■心を用ゐる事 他人に心配りをする事。 ■厳しい 厳格である。 ■物に逆(さか)ひ 他人と衝突して。 ■破る 自分を損なう。傷つく。 ■天地の霊 天地の間で最も霊妙なもの。「惟(こ)れ天地は万物の母、惟れ人はの万物の霊」(『書経』泰誓)。 ■寛大にして極まらざる時は 心が寛大で天地のように極まり無い時は。 ■喜怒これにさはらずして 喜びも怒りも人の心をさまたげることがなく。「これ」は「人の性」。 ■物のために煩はず 他人のために煩わされることが無い。「物」は「人」のこと。

メモ

■久々のいい話
■孔子と顔回
■十七条憲法にも、凡夫云々と
■頼んでおいた仕事を無視された。連絡も無い。その時。
■長屋住まいはストレスの本。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク