第二百十二段 秋の月は、かぎりなくめでたきものなり

秋の月は、かぎりなくめでたきものなり。いつとても月はかくこそあれとて、思ひ分かざらん人は、無下に心憂かるべき事なり。

口語訳

秋の月は、限りなく素晴らしいものである。いつでも月はこのようなものだろうと、他の季節の月と区別がつかない人は、まったく残念な事である。

語句

■無下に ひどく。まったく。

メモ

大方は月をも愛でじ(伊勢物語 八十八段)
秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさ(左京大夫顕輔)
■思ひおくことぞこの世に残りける見ざらんあとの秋の夜の月(『兼好法師家集』)

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク