第二百十五段 平宣時朝臣、老の後、昔語りに

平宣時朝臣、老の後、昔語りに、「最明寺入道(さいみょうじのにゅうどう)、ある宵の間(ま)に呼ばるる事ありしに、『やがて』と申しながら、直垂(ひたたれ)のなくてとかくせしほどに、又使来りて、『直垂などのさぶらはぬにや。夜なれば異様(ことよう)なりともとく」とありしかば、萎えたる直垂、うちうちのままにてまかりたりしに、銚子(ちょうし)に土器(かわらけ)とりそへて持て出でて、『この酒をひとりたうべんがさうざうしければ、申しつるなり。肴こそなけれ、人はしずまりぬらん。さりぬべき物やあると、いづくまでも求め給へ』とありしかば、脂燭(しそく3)さして、くまぐまをもとめし程に、台所の棚に、小土器(こかわらけ)に味噌の少しつきたるを見出(みい)でて、『これぞ求め得て候』と申ししかば、『事足りなん』とて、心よく数献(すこん)に及びて、興にいられ侍りき。その世にはかくこそ侍りしか」と申されき。

口語訳

平宣時朝臣が、年老いて後、昔語りに、「最明寺入道(五代執権北条時頼)が、ある宵の間にお呼びになる事があったので、「すぐに」と申しながら、しかるべき直垂がなくてあれこれしている間に、また使いが来て、「直垂などがございませんのですか。夜であるのでどんな格好でも構いません。すぐに」とあったので、よれよれの直垂を着て、普段着のままで参上した所、銚子に素焼きの器を添えて持って出て、『この酒を独りでいただくのが物足りないので、来てくださいと申上げたのです。肴が無いのですが、人が寝静まっています。肴になるような物はないか、どこまでも探してみてください」とあったので、脂燭をさして、すみずみまで探し求めるうちに、台所の棚に、小さな素焼きの器に味噌が少しついたのを見つけて、『これぞ見つけ出しました』と申し上げた所、『十分です」といって、こころよく何杯も酌み交わして、上機嫌になられた。その時代は、万事こんなふうでございました」と申された。

語句

■平宣時朝臣 大仏氏宣時(1238-1323)。武蔵守朝直の次男。執権北条貞時の連署(執権とともに職務にあたる役)。歌人としても有名で、『続拾遺集』以下の勅撰集に入集。 ■最明寺入道 執権北条時頼。百八十四段に登場。寛元4年(1246年)執権。30歳で引退。出家して道崇と称した。諸国漫遊の伝説で有名。最明寺は時頼の別邸であったが、康元元年(1256年)、寺にあらため出家した。鎌倉山の下。現在は塔頭(たっちゅう)の明月院のみが残る。時頼は宣時より十一歳年長。 ■直垂 武家の平服。 ■とかくせしほどに あれこれしている内に。 ■異様なりとも どんな格好でもいいから。 ■萎えたる よれよれの。 ■うちうちのままに 普段家にいる時のままで。 ■銚子 長い柄のついた金属製の器。酒を入れて注ぐ。後世の銚子(徳利)とは別物。 ■土器 素焼きの盃。 ■たうべん いただく。「飲む」「食ふ」の謙譲語。 ■さうざうしければ 物足りないので。 ■申しつるなり 来てくださいと、申し上げたのです。 ■さりぬべき物 肴になりそうな物。 ■脂燭(しそく3) 紙燭とも。松の木を細く削り、45センチほどの長さに切って、先端を焦がして脂を塗って点火する。手元に紙を巻く。 ■小土器 素焼きの小皿。 ■数献 盃をかさねるさま。 ■その世 その時代。時頼の治世は『徒然草』の推定成立年から70年以上昔。 ■

メモ

■五代執権北条時頼の思い出。184段、216段参照
■去りゆく鎌倉時代への憧憬

関連

五代執権 北条時頼
五代執権 北条時頼の就任と前将軍九条頼経の追放

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク